« 「笑わないで聞いてください」 | トップページ | 【南三陸町/2014年7月】2日目-ビーチクリーン »

2014年7月21日 (月)

【南三陸町/2014年7月】1日目、3日目-大久保エリア

[7月11日(金):1日目]
[7月13日(日):3日目]

7月の東北行きはスタート前から波乱含み。
「非常に強い」台風が関東に接近中でした。

最初の予定では、初日は南相馬へ行く予定を組んでいましたが、社協VCは早々にこの日の活動中止を発表。なので南三陸に向かうことにしました。宮城県は天気予報どおりなら、午前中はなんとかなりそう。

結果として、関東東北では思ったほどの状況にはならなかったようで、南相馬の中止決定は早すぎた感もありますが、それは安全を優先したための結果論。
(実際に南木曾や南陽などで台風も影響した豪雨による災害も発生していますし。。。)

出発が遅くなったのと、台風から早めに離れておこうと、最近では珍しく久喜から東北道に。でも疲れが溜まっていたので、栃木県内のPAで少し仮眠。。。いや少し寝過ぎたか。(^^;
まあ、無理に受付時間に間に合わせるような時期でもないので、焦らずに走り出す。結局、朝8時過ぎにVC到着。ぎりぎり間に合いました。(^^;

この日の活動は、大久保エリアでの農業支援。イチゴ栽培のビニールハウスがあり、そこの作業のお手伝いになります。大久保エリアに来るのは初めてでしたが、「さかなのみうら」の脇から山側に入ったところです。
リーダーはタカハマさん。他は団体1つとカリタスさん数人と個人4人。個人参加の人はσ(^^)の車で同乗させて向かいます。
その個人参加の中には、自転車で日本一周しているキタムラさんがいました。先月は徒歩で日本一周している人と出会いましたが、、、日本一周ってブームなんでしょうか?(^^;

0101
雰囲気的には山の中という印象もありますが、このハウスの所まで津波が来たそうで、この場所はガレキだらけだったそう。その後、なんとかビニールハウスは復活させたものの、今まで手伝っていた人たちが町を離れたりして、、、夫婦二人だけではキツいということでVCに依頼となったらしい。

残念ながらこの時期にはイチゴの実はないので、今日の作業は「苗の仮植」という作業。イチゴは親株からランナーを延ばして子株が増えていきます。最初の子株が長男で、その先の延びていくごとに次男、三男、、、この子株を切り離してポッドに植えていきます。

0102
最初はこんな状態で、下の方から子株を切り離していきます。
切り離して残された親株と長男株。最後にはお役御免となり全部抜かれてしまいます。哀れ。(^^;

0103
一方の子株の方は、切り口から感染して病気になるので殺菌薬に浸けたあと、ポッドに植えていきます。植えると言っても土に埋めるわけではなく、ピンで押さえてる状態です。これで根と葉を育てるそうな。

0104

こうやって手伝いしてみるとわかりますが、ホームセンター等で安く売られている苗ですが、けっこう手間ひまかかっていますね。でも今回の作業、けっこう楽しくて好きです。また、やったことが成果として目に見える作業ってのは、やりがいを感じることができますね。
広いエリアの石を拾うような作業だと、毎月のようにやって来る人には、以前との違いが見えることもありますが、1回だけ来たような人だとなかなか。。。もっとも、手伝いに来た人を満足させるためのVC活動しているわけでもありませんが。(^^;

1日おいた3日目にもこの場所で同じ活動を行いました。
今度はリーダーなし。場所を知ってるσ(^^)が道案内役で、久しぶりに会ったカネコさんを同乗させて、団体さん一つを案内します。VC経由でなく個人的に手伝いに来ていた二人も合わせての作業。
この日で予定していた「仮植」作業はすべて完了しました。(^^)

ビニールハウス内には植えられた苗がいっぱい。しっかり成長して美味しいイチゴを実らせてほしいものです。

0105

 

今日のVCからも写真を拾ってきました。(青い帽子の人、いますね)

0151

0152

0153

0154

 

 

初日の活動が終わったあと、気になっていた場所へ行ってみました。

その途中、未舗装道路の水たまりにツッコんだところ、見事に泥はね。でもよく見たら、放物線状の模様はちょっと芸術的かも。(笑)

0121
そんなこんなで、行ってみたのは、名足小学校のプール。

ここの泥に埋まったプール清掃を手伝ったのは4月末のことでした。
この時のプールの状態はこんな感じ。

0113
このプールのその後が気になっていたのですが、、、

0113_2

0111_2

0112

おおっ、という感じに、きれいな水が張られています。これはちょっと嬉しいなあ。(^^)

たまたま近くで作業している教員のかたがいたので話を聞いてみました。(この4月に埼玉県の学校から地元宮城県の学校に赴任してきた若い教員でした)

プールに給水する設備は壊れたまま修理できていないそうですが、せっかくボランティアの手できれいになったのにプールを使わない手はない、と近くの使える水道栓からホースを延ばして、1週間くらいかけて水を張ったんだそうな。そうしてプール開きできたとのこと。
子ども達も喜んでいることでしょうけど、手伝った私たちも感無量ですな。

 

夕食はちょっと久しぶりになっていた「開花屋食堂」に行き、唐揚げカレー。
やっぱり美味しいです。

0131

|

« 「笑わないで聞いてください」 | トップページ | 【南三陸町/2014年7月】2日目-ビーチクリーン »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

私もバイクで日本一周しています。沖縄・奄美はレンタで回りました。
まだ山口県が残っています。
海側を回るのがメインでしたので次は内陸を走りたいですが、いつのことやら。

千葉テレビ「週刊バイクTV」で今東北被災地を巡るツーリング特集してます。
南三陸や陸前高田が映りました。

中田英寿だって日本再発見の旅してましたよね。
国際化と日本再発見って同等のような気がする。

南三陸ではなんといってもあの人ですよ、あの人。
あれ、思い出せない・・・・
大分から来た70代の男性。赤いつなぎの人。
あの人も徒歩で日本一週やっていたし。

プール復活おめでとうございます。
しかしこちら千葉市高州市民プールは震災の影響でいまだに使えません。
こっちも何とかしてくださ~い。

投稿: 千葉のA | 2014年7月27日 (日) 20時55分

>千葉のAさん

オバタさんですね。
驚いたことに、先日また「本州一周の旅」で南三陸に現れたそうです。すごいね。

投稿: たなかつ | 2014年7月27日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/60009609

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸町/2014年7月】1日目、3日目-大久保エリア:

« 「笑わないで聞いてください」 | トップページ | 【南三陸町/2014年7月】2日目-ビーチクリーン »