« 【南三陸/2013年8月】3日目-廻館エリア | トップページ | 【南相馬市/2013年8月】5日目-小高エリア »

2013年8月25日 (日)

【南三陸/2013年8月】4日目-志津川漁港

[8月8日(木):4日目]

南三陸に来ると、いつも「早寝早起き」という健康的な生活になってます。
夜になると他にやることもないし、疲れてるしで早寝。そのぶん朝早く目覚めます。また早朝からセミや小鳥の声で起こされるってのもありますが。。。

そんなわけで、早起き組の人たちは早朝の駐車場で歓談タイムとなります。これがまた楽しい時間だったりします。
そんな朝の一コマを1枚。

04000

さて、今日の活動場所はと言うと、志津川漁港にてカキ部会のお手伝いとのこと。「気分転換」ってことで、個人の継続の人たちの大半がこちらでした。カリタスの人を含めて20人くらい。
夏の日差しはが強いので、屋根のある場所での活動は助かりますなあ。

カキ養殖の手伝いといえば、以前には種付けされたホタテの貝殻をロープに挟む作業とか、引き揚げられたカキに張りついたムール貝を引っ剥がしたりとかをやったことがありますが、この時期は何をするのかな。
看板前に全員集合したあと、特にリーダーはいないのですが、チダさんが「じゃあ、田中さんから説明を!」ってムチャぶり。「えっ、今回カキ初めてなんですけど…」、「あ、そうか。じゃフジタさんお願いします」などという流れ。茨城のフジタさん(ランナー)は何日も志津川漁港で活動されてる模様。そつなく内容や注意事項を説明してくれます。
何人か同乗させて出発。場所はVCから海岸に降りてすぐの場所なのであっという間に到着ですが。

04001

04002

作業内容としては、前回までと同様に、ムール貝などを引っ剥がす作業である。ただし、前回は引っ剥がした後にまた海に戻していたのだが、今回は出荷もあるので後工程がいろいろある。

男性陣を中心に2/3の人数は、上記のカキからムール貝をはずす作業。前回はムール貝も型のいい奴は食用に分けていたのだが、少し前に他の街で貝毒が出た影響もあって、今はムール貝は全て捨てているそうな。ちょっともったいないが分別作業自体は楽になります。ムール貝以外にもいろいろな海中生物が付いていてちょっと面白い(と思えるかどうかは人によるだろうけど)
一方で女性陣を中心とした1/3の人数は、1つ1つ分離されたカキを磨く作業。出荷用の仕上げ作業という感じで、タワシやブラシを使って殻に付着したゴミをきれいにしていきます。この工程の前に洗浄機で洗浄しているのですが、カキの殻はミルフィーユ状になってたりするので、そういう隙間のゴミとかは手作業でないときれいになりません。

カキとムール貝の分離作業が終わると、男性陣も磨き作業に加わります。この段階では、出荷用のものを磨き、殻が少し割れたりしているものは別にして海に戻して再生させます。
お店で売っている殻付きのカキ、けっこういろいろ手間をかけているんだな、と思います。
この間、女性陣は一つ一つのカキの重さを計量して、分類しています。大中小3種類くらいなのかな。

今日のメンバーは作業が早かったようで(正確さは聞いていませんが)、思いのほか早く完了したようです。
最後に、カキの酒蒸しが用意されていました。先の選別で殻が割れているもののうち、再生させるより食べちゃった方がいいというレベルのものだそうな。美味しかったです。
他の現場の人たちに悪いような。。。(^^;;
(継続個人の人たちへ気分転換と言われたのはこういうことなのかな(^^;)

04003
順序が逆になりますが、昼食は「おおもり食堂」へ。
カリタスの誰かが行きたいと言い、それに便乗しました。漁協の人が行きだけ車で送ってくれました。(^^)

04011
豚丼とラーメンのセット。ここも相変わらず美味しいです。

ただし、この地は10mほど嵩上げするエリアとなっているので、いずれ移転を余儀なくされています。最初の話では10月までに移転とのことだったそうですが、なんとなく延びそうだとも。。。移転先は未定らしく、高台に移るか、大森地区に残るか迷っているそうな。

 

活動終了後、今日は歌津方面に車を走らせます。

まず向かったのは、海水浴場をオープンさせた、長須賀の「つながりビーチ」へ。
お盆を過ぎて海で泳いではいけない、との地元の言い伝え(くりちゃん談)もあって、8月10日までの短期間の海水浴場。さすがにボラ活動後の夕方ではもう閉めてありますが、事務所には勝又さんや石田さん、地元高校生たちが残っていて忙しそうに何かしています。

とりあえず、砂浜を散策。夕方になってから海霧が立ちこめてきて視界不良となってきました。

04021

04022

今も毎朝、有志の人たちが集まって清掃活動しているそうで、砂浜はきれいです。
前に写真を見せてもらったのですが、震災直後のガレキで埋まってしまった海岸がこんなきれいになって子どもたちが遊べるようになるとは誰が思ったことでしょう。
これに関わったすべての人たちに拍手拍手です。

ちなみに、こんな看板も出ていました。

04023
ケガなどしない、そこまできれいにしたという自負があるのでしょう。ただ、海水浴保険の内容がいまいちよくわかりません。1日200円、さてどうなのでしょうか。
気になるところは他にもあって、海水浴場周辺に駐車場を用意しているのはいいのですが、1日500円(大型バスなどは1000円)と有料なのです。
うーーーん、、、ちょっと微妙な感じがします。。。まあ運営団体の方針なので、部外者のσ(^^)があれこれ言うつもりはないですが。

ここの海水浴場については、来シーズンにどのような活動をしてどのように運営していくかが重要だと思っています。今年ここに関わった高校生たちが中心になって、次の世代を引っ張っていくようなことができたら素晴らしいと思います。もう少し見守りたい。

 

 

続いて向かったのが、馬場中山。
7月末にいよいよオープンした「カフェかなっぺ」です。
観光協会のHPでも紹介されています。

04031

04032

丘の上のトレーラーハウスですが、宿泊施設の方はあれこれ規制がかかったりして難航している面もあるそうで、カフェの方だけ先行開業させた形です。
カフェの方もまだ手探りでやってる感もあり、営業時間や定休日が今後も変わる可能性もあります。(これ書いてる時点では、こんな感じのよう)

昼間はかなり賑わっていたようですが、夕方のこの時間帯はちょうど穴場だったのか、他にお客さんがいなくてのんびりできました。

まずはメニュー。

04033

04034

すでに品切れになってるメニューもあり、できるものを聞いて、、、グリーンカレーとパスタどっちがオススメですか?とカナエさんに聞いたところ、小考してパスタとの回答。「なすとベーコンのトマトスパ」を注文しました。
調理人が1人だけなので、お客さんが多い時間帯には少々時間がかかりそうです。時間に追われていない時にのんびり来たいお店です。

04035

あれこれ雑談しながら待っているうちにパスタが運ばれてきました。

04036
目の前でチーズを振りかけてくれるパフォーマンス付き。
おしゃれなお店&メニューはおじさんには似合わないのですが美味しいです。
こういうお店、震災後の南三陸にはなかったので新鮮です。

食後のコーヒーもいただきまして、、、カップの中身は写ってませんが、かわいいカップです。。。おじさんには(以下略(^^;)

04037
結構、長居させてもらいました。ここはまた来たいですね。

いつも写真をいっぱい撮られてるので、今日はこちらも撮り返してみました。(笑)

04038
8月8日の日記に、この時の様子が書かれています。(^^;

 

この後、伊里前福幸商店街に立ち寄り、及川さん、山内さんらと少し話したり、マルアラでつまみを買ったり。。。
アリーナ駐車場に戻り、ゴトーさんに誘われていたので、ゴトーさん、めぐむさん、チダさん、れいあ辺りと軽く呑み語り。
なんかこの日は、いろいろなものを食べているような。。。いつもか。(^^;

そして最後にアクシデント発生!
テントに戻って、引き綱の張り具合を確認していたら、「バキッ」という音がして、ポールが折れてしまいました。げげげ。そんな強い力で引っ張ったわけじゃないし、古いテントだから経年劣化かな。
夜遅くにバタバタするわけにもいかず、また急に倒壊するような状況でもなさそうなので、とりあえず今夜はそのままテントで寝ることに。

|

« 【南三陸/2013年8月】3日目-廻館エリア | トップページ | 【南相馬市/2013年8月】5日目-小高エリア »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

おお、犬の横にいるのは四賀村のワカ様ではないか。

この牡蠣の現場は4回行きました。(HP参照)
カキ部会って言うんですか?初めて聞いた。
前回はカキ磨きって作業はなかったです。
カリタスのジョナさん(フィリピン)は・・・さすがにもういませんよね?
息子のヒロキ君には最後にチーバ君の真っ赤なピンバッチを差し上げました。
彼がメガネしている日はお父さんとそっくりなんです。(^◇^)

>最後に、カキの酒蒸しが用意されていました。
>他の現場の人たちに悪いような。。。(^^;;
たしかに美味しすぎる現場です。(HP参照)

>長須賀の「つながりビーチ」
海水浴保険てことは、やっぱり海中瓦礫が心配だったんじゃないの?
砂中の細かい瓦礫で怪我した人はいなかったのかな。
最近普通の登山でもスキー場のスキーでもヘルメットが推奨されるし、携帯持たずに登山したら非難されそうです。
安全の為とはいえどんどん敷居が高くなっていくのは残念です。
駐車場が有料ってのも驚きです。
富士山も有料化されて近づき難い存在になりそうです。

>8月8日の日記に、この時の様子が書かれています。(^^;
おーいたいた。モザイクなしですね。(^^;

>ポールが折れてしまいました。
2年前ホームセンターで1mのアルミパイプを買い、それを10cmくらいに切ってテントポール修理用に数本村長さんに託してきました。去年聞いたら役に立ったそうです。

投稿: 千葉のA | 2013年8月26日 (月) 09時04分

>千葉のAさん

トータルのボラ日数が最も多いのはワカバヤシさんかもしれません。

漁協のクドウさん、以前にワカメ作業の時にもお世話になりましたが、本業(?)はカキらしい。ワカメ、カキ、ホタテ、銀鮭などの部会に分かれていると耳にしたような。

ビーチの海水浴保険ってのは看板だけしか見ていないので情報不足です。
どのような事故の時にどのような補償があるのか、引き受けてる保険会社はどこ(あるのか?)なのか、など。。。
有料駐車場の件などもあるので、なんとなく運営団体が小金を回収しようとしているようにも感じられました。。。もちろん、根拠のない憶測だけなので、これ以上はやめておきます。

投稿: たなかつ | 2013年8月27日 (火) 00時12分

そんな、せっかく関わったんだから憶測だけで終わるのはやめましょうよ。ぶっちゃけ、あそこまで行って保険と駐車で700円払って海に入ろうと思う人ってどれだけいるんだろう。運営方針とか収益の使い道とかゲストに説明できる様になってくれないと困るわなぁ。

あ~ところで、ホタテ/銀鮭の時期はいつですか?
(*_☆\バキッ(`◇′)シタゴコロ丸見え

も一つ、映画「歌ごころ」ってどうなりましたかね?
「ガレキとラジオ」は見ましたか?私はまだ見るチャンスがない。

投稿: 千葉のA | 2013年8月27日 (火) 08時42分

カナッペさんにも寄るつもりで泊浜方面に行ったのですが。
ヒビキさん他と遭遇で話に花が咲いたので、まだ行ってません、宿題です。

長須賀は、一人の怪我人もなく11日に終了ですね。
2日程朝のビーチクリーンの手伝いしましたが、危険を感じることない程に手入れされていました。
自然による海岸再生(満ち潮がゴミを打ち上げる)を人の手で手伝っている感じです。震災時のガレキは鋭利な形では現れず、むしろ危ないのは新しく捨てられたビン類です。

駐車料金の件は、地元の方からも多くの批判を受けたようですが。
町の認可はあっても支援はない中、現実的な話として、逼迫した運営費ではボランティアにガリガリくんを食べさせることもできない・・・
運営が下手といわれても、地元には後援する余裕がある事業所もない、
イシダさんの笑顔の影の苦悩が垣間見られました。
保険についても、うるさがたの為に業者を仲介しただけで営利にはつながっていないものと理解しました。
結果的に怪我人なくて丸儲けかもしれませんし、内容を聞いたわけでもありませんがが、イベント時のスポーツ保険等と比べたら、200円は良心的な値段設定と感じました。

投稿: 栃木のサトウ | 2013年8月27日 (火) 18時15分

>千葉のAさん

ホタテや銀鮭の手伝いってのはVCでは聞かないような。。。
漁師の方と仲良くなって、個人的に手伝いにいくと役得あるかもしれません。(笑)

>も一つ、映画「歌ごころ」ってどうなりましたかね?
>「ガレキとラジオ」は見ましたか?私はまだ見るチャンスがない。

「うたごころ」http://utagokoro.info/index.html
 今は2012年版が公開されて、各地で上演会が行われているようです。
 σ(^^)は3月に2012版を見てきました。どちらかと言われれば、2011版の方が好きかな。

「ガレキとラジオ」http://www.311movie.com/index.html
 うまく見れる機会があるのなら見ておきたい作品です。オススメ。
 特にアリーナ2階で生放送していたのを知ってる人たちはとくに。

ちなみに、上映会情報については、facebookが詳しいです。情報収集のためだけにアカウント持ってみるのもアリかと。(笑)

投稿: たなかつ | 2013年8月28日 (水) 01時45分

>千葉のAさん
>栃木のサトウさん

「これ以上はやめておきます」としたのにまた少し書いちゃいますが…

一ボランティアとして、一日だけ関わっただけなので、運営団体にあれこれ説明を求めたりするつもりはありません。もっとも、町から助成金だとかも交付されているので、そちらに対しての説明責任はあると思うし、それだけにあまり妙なことはやっていないと信じています。

運営資金については、実際にはそれほど苦しんではいないと「勝手に」思ってます。
助成金もあるし、募集していた寄付金もそれなりに集まっていたようです。団体代表がかなり自腹を切ってるという話も聞いていますが、収支勘定するような性格にものだとは思いませんし、出せる範囲での出資(我々がボラ参加するのに出せる範囲の経費をかけるのと同様)なんだと思います。
そして、集まった資金の中から無駄遣いせず最低限必要なものを厳選して使えばいい。家計のやりくりと変わりありません。はたから見ていると、そのやりくりが上手ではないような印象も。それホントに必要か?というところにお金かけてるような印象もあります。

そういう印象があるので、いろいろな形で小金を集めて運営資金を回収しようとしているのではないかと感じている人も少なからずいますし、私もそのような印象を持つ部分もあります。

例えば、遠方や地元から手伝いに来たボランティア相手に飲み物を有料で売りつけている、と批判する人もいます。私的にはこれはそれほぞ気にしませんが。押し売りしているわけではないので、買いたい人は買えばいいし、買いたくない人は買わなければいい。それだけのこと。ボランティアに来るなら自分の必要な水分は自分で確保するでしょう。どこで買うかはその人しだいです。
また、子供たちをうまく巻き込んでいることも、PRにあざとく利用している、と批判する人もいます。これも元々の思惑がどうだったかは知りませんが、子供たちの表情を見ている限り、結果としていい方向に進んでいると思います。そこを批判されるのなら、自己満足でボラしてる自分の立場がありません。

ですが、有料駐車場についてはどうも引っ掛かります。この辺りの地域事情(震災前も含めてこの地域に有料駐車場ってあったのか)とか、この海水浴場の性格(観光客向けの公式な海水浴場ではなく地元の人たちが遊ぶ浜辺だったはず)などを考えると・・・
海水浴保険については、内容がわからないので憶測だけのコメントは控えます。

それでも、この団体が取り組んだ海水浴場の復活というプロジェクトについては、高く評価しています。

投稿: たなかつ | 2013年8月28日 (水) 02時33分

運営方法について震災前がどうだったのか気になりますね。
今は終了して勝手に泳いでもよいのかな?
普通水温が高くなるのはお盆過ぎから9月上旬ですけど。

>情報収集のためだけにアカウント持ってみるのもアリかと。(笑)
情報もコレステロールも「過ぎたるは及ばざるが如し」
(*_☆\バキッ(-_-;

「ガレキとラジオ」実は知らなかったんです。いきさつはこうです。
テント場に自転車旅人が通りがかり私のテントを見た。実は彼のテントは私と同じ。そこで立ち話。仙台を通過する時この映画を見て影響を受け、その現場をよく知りたいと思って南三陸を訪問したらしい。でも通過するだけじゃよくわからないから現場に飛び込んでみましょうよ、ってな感じで誘惑、いや薦めたら話に乗ってきたのです。VCテントに移動してメグムさんなどから説明を受け、彼は泊まって1日だけボランティアをすることになった。

この人不思議な人で、アリーナの若い男性スタッフとすぐ仲良くなり、夜9時の閉館まで話をしていました。私も加わって思い出のサンオーレ袖浜や歌津の写真など見ながら話の中身を濃い物にしていきました。(iPad mini が大活躍)

この人が実は噂(?)の「ぱんぬが行く」のぱんぬさんだったのです。
知ってる?
あの後、北海道を回って日本海側を南下して岡山まで向かうとのことでした。
あ、そういえばキム宅はどうなりましたかね?

投稿: 千葉のA | 2013年8月28日 (水) 09時15分

ガレキとラジオはぜひ一回は見ておいたほうがいいですよ。

「ぱんぬが行く」ってのは知らなかったです。
キム君とどこかで会ってるかもしれないですね。

キム君は北海道をあとにして日本海側を南下。北陸あたりまで来たところで何かの事情でいったん帰宅しています。こういった情報もfacebookに。。。(^^;

投稿: たなかつ | 2013年8月29日 (木) 01時05分

え?「ガレキとラジオ」どこかで見たんですか?

>キム君とどこかで会ってるかもしれないですね。
私もチョビっと期待してました。

>こういった情報もfacebookに。。。(^^;
なんだか意地悪いなぁ
キム宅(彼の車)も撤収しちゃったという意味ですね。
日本海側は雨が酷かったからちょっと心配ですね。

投稿: 千葉のA | 2013年8月29日 (木) 07時19分

>千葉のAさん

「ガレキとラジオ」は3月に都内で上演会があり見ることができました。
会場には、話題となった石巻日日新聞の手書き壁新聞(3/14分)が展示されていました。

投稿: たなかつ | 2013年8月30日 (金) 02時13分

ぱんぬ君とは私も会いました。
もっとも旅の郵便配達ってだけで名前は聞かなかったのですが。

メグムさんとボラセンテント前で立ち話しているところに
「こちらは何の施設ですか・・・ガレキとラジオの舞台はここですか?」
と現れて、テントサイトを案内して何なら活動していきなよ・・って言ったら
戻ってきて、「1日だけ活動していきます」って。
その間にAさんの勧誘もあったわけですね。

ガレキとラジオはまた10月に都内で上映予定とのことです。
あと、キムの車はボラセンにあって、メグムさんとかレイアとかの足になってます。

投稿: 栃木のサトウ | 2013年8月31日 (土) 10時48分

あ、キム宅健在なのですね。誰かがたまに運転しないとバッテリー上がっちゃいますからね。キム宅には当時スズキさんという男性が宿泊してました。このスズキさんがぱんぬさんと意気投合しちゃってテン場で遅くまで盛り上がってました。

別の日、タナカ親子の送別会をテン場で行いました。この時スズキさんも一緒です。この親子は今日のボラセン6/24で栃木のサトウさんと一緒に写っています。スズキさんの最終日前夜にはわざわざテン場まで挨拶に来てくれました。なんだか遠い昔のことみたい。

投稿: 千葉のA | 2013年8月31日 (土) 21時21分

>千葉のAさん
そのスズキさんとは、寺浜でサンドバッグ作りをやりました。
いろいろなところでつながってますね。

投稿: たなかつ | 2013年9月 1日 (日) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/58062578

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸/2013年8月】4日目-志津川漁港:

« 【南三陸/2013年8月】3日目-廻館エリア | トップページ | 【南相馬市/2013年8月】5日目-小高エリア »