« 【南相馬&南三陸/2013年5月】準備~出発 | トップページ | 【南三陸/2013年5月】田尻畑エリア »

2013年6月 2日 (日)

【南相馬/2013年5月】小高区エリア

[5月24日(金):1日目]

初めての南相馬市でのボランティア活動である。当然ながら初めてのボラセン。ちょっと緊張する。
初めてボランティアに参加する人ってこんなふうに感じてるのかな。自分が2年前に初めて南三陸町に行った時はどうだったかな、、、緊張というよりも周囲の状況を見て絶句していたので、今回の緊張とはちょっと違うかもしれない。

ここが、今日一日活動する「南相馬市ボランティア活動センター」です。

01008_2

テントの奥の建物内で受付。用紙に氏名・住所・年齢・職業などを書いていく。事前にTELで登録した内容と同じようなことであり、TEL登録の意味があるのかどうか少々謎。(^^;
ガムテープに名前を書いて貼るのはどこも似たようなものか。。。あとは付箋紙に名前と連絡先を記入する。これは後で各現場ごとの用紙に貼るようになっている。これを出発前にコピーしてリーダーが持っていく。原本はボラセンに保管かな。南三陸では出発前に一人一人が記入しているが、人数が多い場合にはこっちの方が時間短縮が図れそうかも。

外のテント内に並べられた椅子に座って待つ。平日ということで集まってくる人はそう多くない。十数人ってとこか。ほとんどは長期で活動している人らしく、みんな顔なじみという感じ。なのでアウェー感たっぷりで少々居心地の悪さもあり。(^^; まあ、慣れの問題かな。(^^;

8時半になり、センター長の松本氏の挨拶・講話がある。毎日やってるのかどうかは不明。毎日だと常連の人たちには、、、どうかな。(^^;
その後、マッチング。今日の活動内容は4件あって、センター長が「○○作業を○人くらい」と声かけし希望者が手を挙げるスタイル。以前に活動した、中越沖地震の時の柏崎市がこういうスタイルだったか。あらかじめどんな活動内容があるのかわかっていれば、希望のものに手を挙げられるのだが。。。
1件目は勝手がわからず出遅れ、2件目は挙手したけど後方に座っていたため人数に入れず、3件目のニーズに入る。人数は5人。内容は、個人宅の庭にある柿の木2本の伐採と垣根の剪定とのこと。センター長が「○○と○○を準備して、、、この人数なら半日で終わるかも」などと早口で言う。。。ううむ、それじゃよくわからん。(^^;

ちなみに、最初に手を挙げた人にその現場のリーダーをお願いしていたが、、、言葉上のあやで実際には長期で活動している人をリーダーに選んでいるようだ。事前に決めているのか、この場で決めているのかは不明。おそらく後者かな。
リーダーはオレンジ、その他の人は黄色のビブス、、、ではなく反射材付きのベストを着る。工事現場の交通誘導員みたいだな。(^^;
今回、リーダーに指名されたのは神奈川県のイケダさん。ニーズ内容が書かれた紙を見て、「○○をいくつ、○○をいくつ」と指示を出し、資機材を準備して軽トラックに積み込んでいく。慣れた人たちはホイホイと準備に取りかかるが、勝手のわからない自分は右往左往気味。(^^;
配車は、リーダーのイケダさんが自分の車で先導。2人が軽トラに乗り、σ(^^)は東京のホソノさんの車に同乗させてもらう。現場はボラセンからそう遠くない小高小学校に近い民家。電気は復旧していて信号は点いているが、上下水道はあちこちで復旧工事中。そんな状況の街並みである。ちなみに依頼者の方は不在なのか会うことはなかった。

依頼者の家から狭い道一本挟んだところにある庭が活動場所。その一角にある柿の木2本を伐採するとのこと。理由は聞かなかったので不明。手入れが出来ず成長して道路を塞いでしまうからなのかな、と思う。
ハシゴをかけて二人が木に登って安全帯をかけて作業する。そばの電柱の電話線が支障となるので、まず枝をチェーンソーで落としていき、最終的に根元でバッサリ切り倒す。なかなか豪快な作業だな。だけどこれ、いろいろな意味で危険が多い。本職の人たちがちゃんと安全対策してやるならともかく、今回のような施工方法・安全対策で、素人のボランティアがやるべき作業なのか少々疑問に思った。もっとも、この作業をした二人は当然のように作業していたので、こういうニーズが多くて慣れているのかもしれないが。。。

残りの3人は庭の他のスペースへ。一人は刈払機で生い茂る雑草を相手している。自分ともう一人は垣根の剪定。人が入れなかったために道路まで伸び放題になっている垣根を植木用の剪定鋏でチョキチョキ刈り込んでいく。素人が適当にやっているのでトラ刈りだが仕方ないとしようか。
この作業自体はそれほど重労働ではないが、日差しが強くて暑い。5月下旬だが真夏並みの暑さに感じた。ボラセンからクーラーボックスに入れたペットボトル飲料を積んできていて、休憩時間にもらえる。クーラーボックスには氷がなく常温だったけど。(^^;

朝、センター長は「半日で」などと言っていたが、結構なボリュームもあってとても終わらない。というわけで昼休み。昼はボラセンに戻った。朝に注文すれば仕出し弁当が届けられるようで、それを注文している人が多かった。σ(^^)は朝にコンビニで買ったおにぎりとか持ってきたパンとかあるので、それを食べる。

午後も同じ作業を続け、だいたい終わったら、トン袋に詰めていく。細かく切断した柿の木を並べ(テトリスが得意な人向きかな)、雑草を隙間に押し込んで、、、人の体重で踏み固めていく。ぎゅうぎゅうに詰めこんで、トン袋4つになった。作業完了は16時過ぎ。丸一日仕事になったが、庭がすっかりきれいになったこともあり、それなりの達成感。

ボラセンに戻って、道具を片付けて終了である。
ボラセンのこの日のブログを見ると、ボランティア総数19名(個人13、団体6)、件数4件でその内容は、
  ・木の伐採、庭木の剪定
  ・庭木の剪定、屋外の片付け
  ・屋外に運び出した廃棄物の分別、袋詰め
となっている。

今日1日だけの活動なので、なんとも言えない面は多いのだが、これまで活動してきた南三陸町とは、被災状況(被災規模や被災様相)、現在おかれている状況がかなり異なるな、という印象である。
この街では、まだまだやるべきことはたくさんありそう。南三陸町だけでなく南相馬市にも何度か足を運ぶことになりそうだ。そうしていくうちに、いろいろ見えてくるものもありそうかな。

今回の南相馬市での活動は今日一日だけにした。もう一つの「社協ボラセン」の方にも行ってみたかったが、翌日に隣のボラセンに移るのも妙だし、平日と土曜日では比較にならないので、次の機会に回すことにして、今度は「いつもの」南三陸町へ移動することとした。

 

ボラセンから国道6号ではなく裏道で道の駅・南相馬へ向かう。途中でJR常磐線の踏切を渡るので車を停めて観察してみた。

01009

01010_2

01011_2

2年ちょっと前までは「スーパーひたち」が疾走していた路線だが、すっかり錆び付いて廃線跡のようである。鉄道ファンとしては複雑な思いだ。

道の駅・南相馬まで来ると、ちゃんと水も出るので、手と顔を洗ってすっきりする。ついでにお土産も購入。そういえば、南三陸にはこういうお土産類を買える店がほとんどないなあ。

 

南相馬から国道6号を北上し、山元インターを目指す。夕方、このエリアの主要道路なので交通量が多く、渋滞というほどではないが流れが悪い。山元インターまで約1時間。ここから常磐道に入り、対面通行区間はやはり流れは悪いけれど、片側2車線区間も増えているので概ね順調。約1時間で石巻の河北インターまで。インター近くにある道の駅・上品の郷で日帰り温泉。平日は割安なのでお得です。閉店となる21時まで滞在。

さて夕食どうしよう。三陸道の無料開放区間なので一つ戻って石巻河南インターへ。インターの隣にイオンモール石巻がある。1F食料品売場は22時まで営業している。閉店時間間際なので安い。ちょっと嬉しいね。(^^;

いつもの、道の駅・津山もくもくらんどへ移動して車中泊。
やっぱり慣れた場所の方が落ち着くなあ。

|

« 【南相馬&南三陸/2013年5月】準備~出発 | トップページ | 【南三陸/2013年5月】田尻畑エリア »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

2つのVC比較してますね。よかよか。(^^)
マッチング方法は中越の時と同じです。
付箋に名前と電話番号書いて現場リーダーの名簿に貼り付けた・・・かな?
ちょっとうろ覚えです。(私の場合ほとんど固定してましたし・・・)

柿木!、私の中越最初の活動が柿木の枝払いでした。懐かし~
かなり背の高い木で根元はぬかるみ、そのため梯子はぐらぐら。
高さと不安定、そして素人がチェーンソーも使うのでかなり危険でした。
その時なぜか私は登山用のスリングやカラビナを持参してたんですね。素晴らしい!
これで身体を木に固定しノコギリやチェーンソーを使いました。
万が一の場合も下までは落下しないと言う安心感は絶大です。
しかしチェーンソーは重くて高い木の上では使い難く、枝切りには不便でした。
結局ほとんどはノコギリを使用。体力的に厳しい年配者は途中で脱落。
20代の若者にスリングを譲ってバンバン切ってもらいました。(^◇^)

イオン石巻店、2年前の10月6日、帰宅時小雨の中寒くて逃げ込んだっけな。バイクですからね。
ダウンを着込みラーメン食べて身体を暖めて出発した。懐かしい場所です。

投稿: 千葉のA | 2013年6月 3日 (月) 09時07分

>千葉のAさん
他でも結構危険な作業をボランティアでやってたりするんですね。そんなもんなのかな。

投稿: たなかつ | 2013年6月 4日 (火) 00時40分

時代が変わったと思います。
2004年は個人でのボランティア保険加入要請無し、
踏み抜き防止インソールも要求されず、
マスク・ゴーグル等の装備も個人任せ。
ボランティア死者1名出してます。

当時と比べて今は安全第一、かなり管理されています。
素人のチェーンソー使用はNGな感じがしますね。
せめて草刈り機の様に使用経験のある人に任せるか
ある程度の講習/練習をするとかが必要な気がします。

なので今では「そんなもん」ではないと思います。

投稿: 千葉のA | 2013年6月 4日 (火) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/57507300

この記事へのトラックバック一覧です: 【南相馬/2013年5月】小高区エリア:

« 【南相馬&南三陸/2013年5月】準備~出発 | トップページ | 【南三陸/2013年5月】田尻畑エリア »