« 【南三陸/2013年4月】番外編 | トップページ | 【南相馬/2013年5月】小高区エリア »

2013年6月 2日 (日)

【南相馬&南三陸/2013年5月】準備~出発

5月もまた、東北へお手伝いに行ってきました。

震災からまる2年が経過するまでは、南三陸町にこだわって(最初に訪れた被災地がたまたま南三陸町だった、というだけの縁ですが…)活動してきましたが、2年が経過したことだし、他の被災地についても見ておきたいと考え、今回は初めて南相馬市にも行ってみることにしました。
(先月に行くつもりだったのですが、季節はずれの雪のため、南相馬は見送って南三陸に行ったのが前回。なので、今回はそのリベンジでもあります)

準備編、、、といっても、ほぼ毎月のように行っているので、特に目新しい準備もなし。(と言うか、たいていの持ち物は車に積みっぱなし)
今回は(も?)車中泊なので、シュラフをどうするか。東北の夜はまだまだ冷え込むだろうけど、冬用シュラフ&シュラフカバーではさすがに暑そうだし嵩張るので、夏用シュラフ&フリースのインナーシュラフに変更。シングルバーナー用のガスもノーマルガスに変更した。

今回、最初に行くのは福島県の南相馬市です。
検索してみると、ここには複数のボランティアセンターがあるようで、どうにも部外者にはわかりづらく思えるの。もっとも南三陸町でも社協のボランティアセンター以外にもボランティア活動している団体がいくつもあるので、まあそういうことなんだろうな、と思うことにしました。

さて、いくつかあるボラセンのうち、有力どころ(?)なのは以下の2つなのかな。

 ・南相馬市災害復興復旧ボランティアセンター
    http://minamisoma.jimdo.com/
    http://ameblo.jp/minamisoma-svc/
  ここは、南相馬市社会福祉協議会が運営していて「社協ボラセン」と呼ばれている。
  小高区の小高老人福祉センターに設置されている。

 ・南相馬市ボランティア活動センター
    http://profile.ameba.jp/v-home-net/
    http://ameblo.jp/v-home-net/
  ここは、社協の委嘱団体であるNPO 災害復興支援VNが運営している。
  センター長の名前から「松本ボラセン」と呼ばれ、小高区社協会館に設置されている。

それぞれ違いがわかりにくく紛らわしいのですが、とりあえず、より「公式?」っぽい「社協ボラセン」の方へ行ってみようと考えました。
社協ボラセンの方は、小高区での活動は「金土日のみ」と聞いていたので、そういう日程を組んでおいたのだが、ボラセンのブログを見ていると、金曜日は「活動なし」と書かれている。TELで聞いてみたところ、現在は「土日」と「火水」を活動日としているとのこと。
本来なら毎日活動したいのだが、現在のボランティア参加者の人数ではニーズに対応しきれないので活動日を絞っているようである。それなら土日の前後(金、月)などを活動日にしてくれた方が集まりやすそうな気もするのだが。。。

そんなわけで、金曜日に行くことにしているので、今回は「松本ボラセン」の方へ行ってみることにしました。こちらもTELにて事前登録するシステム。TELして住所・氏名・年齢・職業・連絡先などを聞かれるままに答えて登録終了。もっとも当日の受付時にも同様のことを記入することになるのであまり意味がないような。。。(事前登録で知りたいのは何人ぐらい集まるか、だけだと思うので)

 

木曜日、定時退社して帰宅し準備。たいていのものは積みっぱなしなので、たいした準備はないはずなのだが、結構時間がかかって出発は遅い時間になってしまった。
いつものように一般道で出発。夜中の国道4号は順調で快適である。
栃木・福島県境辺りで遅い大型車に行く手を阻まれることが多いので、この手前から高速に乗るのがベターだったかもしれない。結局そのまま下道を進み、白河辺りで疲れがピークとなりコンビニ駐車場で仮眠。その後、矢吹インターから高速に乗ることにしました。

高速を降りたのは二本松インター。この先の松川PAまで行った方が近いのだが、スマートICが24時間OKなのかわからなかった(後で調べたら24時間OKだった)ので手前で降りました。松川から東に進路変更して、飯野から川俣へ。このルート沿いには昔の国鉄川俣線の廃線跡があるはずで鉄道ファンとしては気になるところですが、それを巡るのは別の機会にしよう。さらに東進して早朝に原ノ町駅へ到着。
松川から原ノ町まで未明~早朝の時間帯で1時間ちょっとでした。車はほとんど走っていないですが、急カーブも多いのでスピード出しすぎには注意です。

南相馬市と言うといまいちピンとこなかったσ(^^)ですが、原ノ町(合併前の市名は原町か)と言われた方がなじみがあります。

01001_2

01002_2

現在は原ノ町~相馬の区間だけ運転が再開されています。留置線には長らく走ることのない特急車両なども見えます。鉄道ファンとして、、、なんとも違和感を感じる駅です。

そのまま東へ進み、国道6号線へ出ると、道の駅・南相馬があります。
駐車場には車が多く、ここで車中泊している人も多そうです。

01003_3

01004_2

道の駅から徒歩圏内に、コンビニやコインランドリーがあり、国道を渡ると日帰り入浴可能なビジネスホテルもあります。この道の駅、長期滞在向きな場所かもしれません。
コンビニで朝食&昼食を買い込み、国道6号を南下して小高区を目指します。

01005_2

01006_2

小高駅は小さいながらもいい雰囲気を出しています。でもここにも列車は来ない。
駅前に観光案内板もあり、元々、奥州相馬氏の発祥の地が小高であり歴史ある街らしいのですが、今は人の気配がほとんどありません。

01007_2

この地図で、小高駅のすぐ上側の老人福祉センターに社協ボラセンがあり、その左側の浮舟文化会館の前に松本ボラセンがあります。今日これから行くのは後者のほう。
迷うことなく、たどり着きました。

活動内容については別記します。

|

« 【南三陸/2013年4月】番外編 | トップページ | 【南相馬/2013年5月】小高区エリア »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

あ、珍しい。う・わ・き?(*_☆\バキッ

社共VCとNPOのVCが並存しているって変わってますね。
受けるニーズ分野が全く違うとか。
こうなるともう一般の会社・企業みたい。
普通社共VCは早く閉まると思うんですけどね。
NPO一本での運営は難しいのかな?(゚_。)?(。_゚)?

投稿: 千葉のA | 2013年6月 3日 (月) 09時05分

>千葉のAさん
ウワキだなんて人聞きの悪い。。。(^^;
この2つのVCの関係とか棲み分け、よくわからんです。
仲良いのか悪いのかもわからないので、うかつに聞けないし。
もちょっと様子見します。

投稿: たなかつ | 2013年6月 4日 (火) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/57510060

この記事へのトラックバック一覧です: 【南相馬&南三陸/2013年5月】準備~出発:

« 【南三陸/2013年4月】番外編 | トップページ | 【南相馬/2013年5月】小高区エリア »