« 【南三陸/2013年2月】都内で復興支援要請説明会 | トップページ | 【マラソン】古河はなももマラソンに… »

2013年3月11日 (月)

【2013年3月11日】震災から2年

3月11日である。

あの、M9.0の大地震とそれに続く大津波による震災から2年が経過したわけである。

昨年3月11日は日帰り往復で南三陸町へ行き、現地で黙祷したのだが、今年は仕事を休むことができなかったので、職場で黙祷を捧げることになる。

この2年間で12回、被災地のひとつ、南三陸町に足を運んだことになる。そこで実際に被災者の人たちと話をする機会も何度となくあった。現地で会った被災者の人たちは、わりと明るく気丈に振る舞っているように見えた。とはいえ、この震災で大切なものをなくしてしまった人たちは想像を絶するほど多いだろう。その人たちの心中を推し量ることは私にはとうていできない。

2年前のあの日から、立ち上がれない人たちがいる。前を向けない人たちがいる。最初の一歩を踏み出せない人たちがいる。。。それは、仕方ないことだろう。
そういう人たちになんとか、立ち上がってほしい。前を向いてほしい。一歩ずつでいいから歩き出してほしい。。。と思うのだが、そのためのきっかけを作れるような力は私には残念ながら、ない。
それでも、「自分にできること」をすることで、なにかにつながってくれれば嬉しい。
そして、立ち上がり、前を見据えて、歩き出した人たちについては、これからも力いっぱい応援していきたいと思う。

 

思えば、、、
私自身は直接的な震災の被災者というわけではない。だが2年前のあの日を境に自分をとりまく環境が180度ひっくりかえってしまったのは間違いない。
また、実際に被災された人たちには遠く及ばないだろうが、私自身が経験したことも過酷で困難な状況だったなと思う。それを経験したことで、、、その後、いろいろが壁にぶち当たっても「なんとかなる」と前向きになっている自分がいる、、、ような気がする。

 

「どんなに困難で くじけそうでも 信じることさ 必ず最後に愛は勝つ」

|

« 【南三陸/2013年2月】都内で復興支援要請説明会 | トップページ | 【マラソン】古河はなももマラソンに… »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

「あの日」がやってきましたね。
豪ABCでも「Japan marks tsunami anniversary」
http://www.abc.net.au/news/2013-03-11/japan-to-mark-tsunami-anniversary/4564284

東日本大震災後の助けあい実態調査(http://tasukeaijapan.jp/?p=32483)
によれば実際に被災地にボランティア活動に行ったというのはこんな割合だそうです。
震災直後~半年(2.6%)、半年~1年後(1.3%)、1年後~現在(0.8%)
意外に少ないんですね。2年間で12回の訪問は決して小さくないですよ。
もっと記録を伸ばしてください。私も全部合わせて60日くらいになりました。
被災者にもボランティアにも知り合いができ、このネットワークを生かしたいです。
先日千葉市の災害ボランティア講座に参加したらテレビに映っちゃいました。(^^;

投稿: 千葉のA | 2013年3月11日 (月) 19時02分

深夜(未明?)に放送された視点・論点から一部ピックアップしました。
---------------------------------------------------------------------------
栗田暢之(NPO法人レスキューストックヤード代表)
「忘れない」に取り組む

あの日から2年
復興という言葉がいたるところで語られれている
たくましく再建に向かう人がいる一方
自力再建が難しい人、今を生きることで精一杯で復興と言うスローガンから取り残されている人が多い

これまで100万人超えるボランティアが現場を支え励ましてきた
しかし震災の風化と正比例するように急激に少なくなっている
たしかに震災当初の泥かき、炊き出しなどわかりやすい活動は一段落した
また、支援活動に必要な人材や資金の問題もある
しかしできる範囲でよいので息の長い応援を続けることが必要だと思う
復興には個人差があり個別化、深刻化、潜在化している
しかしボランティアだからこそできる目配り、気配り、心配りが必要とされている
復興のペースの遅い人に合わせられるのもボランティアのなせる業である
現地で活動を継続している社協、復興VC、NPO、などは力を合わせて
現場のこうした声をより具体的に届ける努力をしてもらいたい

全国のボランティアは決して忘れたわけではなく機会があれば是非また応援したいと思っている
たまにでよい、どれだけ励みになるか計り知れない
あの日から2年。
被災者に「忘れないで」と言わせる前に決して忘れるわけにはいかない復興途上の段階である

震災はまだ終わっていない
最大の敵は無関心
現地のことを心の中だけでも思いをはせる
可能なら現地へ行く、現地の物を買う、義援金、避難者との交流
手紙、メール、電話、一緒にボランティアする・・・など
絶望する人を一人も出さないことが今ボランティアにできる最も大切な役割と考える。
困った時はお互い様というのは、先人から引きついた素晴らしい文化
一時の熱い感情で終わらせるのではなく今後も息長く応援し続けよう
---------------------------------------------------------------------------

何かしたいねぇ。
何ができるんでしょうか。

投稿: 千葉のA | 2013年3月13日 (水) 07時45分

11.12日、南三陸にいました。
今回現地の方々とお話しする機会にも恵まれ(あの遠藤未希さんの親類の方もいらっしゃいました)、リアルで貴重で熱い経験ができました。

訪問の数の問題ではなく(もちろん12回はスゴイ)忘れない事が重要です。
留守番してたウチのかみさんが、「誰かのせいにしようとしてるだけで被災地に寄り添っていない報道姿勢、に違和感を感じたし、被災地である我が県でも、あからさまに風化している」って言ってました。

変わり者と言われても、私たちはこういった小さな活動で、つながり続けていきましょう。

投稿: 栃木のS | 2013年3月13日 (水) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/56931078

この記事へのトラックバック一覧です: 【2013年3月11日】震災から2年:

« 【南三陸/2013年2月】都内で復興支援要請説明会 | トップページ | 【マラソン】古河はなももマラソンに… »