« 【南三陸ボランティア/2013年2月】2日目-助作エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア/2013年2月】4日目-志津川漁港 »

2013年2月26日 (火)

【南三陸ボランティア/2013年2月】3日目-上の山エリア

[2月11(月):3日目]

今日で震災から1年11ヶ月となります。
南三陸町では、いまだにガレキ撤去作業をやっています。

今日の現場は「上の山」エリア。12月にも活動したエリアとなります。

今日の現場リーダーは、ハッタさん。他はイクタさんなど。

今日もボラバスが1台、「UT-Aid(東大-東北復興エイド)」から学生中心の団体が日帰り特攻ツアーでやってきています。男女混成チームで元気があっていいです。
また、車の全面が雪だらけとなった車で現れたのが、「何もない富山県」のタムラさん。吹雪の中を何度も頻繁に来られているようですが、タイミングが合わず9月の本浜エリア以来の再会でした。

この時期、移動手段のない人は少なく、VCから1台車を出せば何とかなる状況なので、σ(^^)の出番もあまりないのですが、今回はカリタスジャパンの3人が移動手段なしということでσ(^^)が同乗させることになりました。よく来るカリタスの人たちは、登米市の米川にいる人たちなのですが、今回はそこから一人と石巻から二人という構成で互いに相手方が車を用意すると思っていたそうな。ちょっとした手違いですな。(^^;
基本的に移動手段のないボランティアを同乗させるのもσ(^^)の活動方針なので大歓迎。いろいろな見知らぬ人と話す機会ができて楽しいです。

今日の現場は、、、こりゃなんなんだ。大物ガレキが山ほど埋まっていて、それを掘り出していく感じ。1年くらい前にはこういう現場も多かったけど、もうすぐ震災から2年となるのにこんな現場があるなんて。。。聞くところによると、震災直後に道路を開通させるために、道路上のガレキを仮置きした場所なんだとか。。。今この時期にここを片付ける必要が本当に重要なのかどうか・・・と言うことを考え出すとキリがないので、ここはひたすら作業に徹します。

なかなか大変な現場なのですが、学生メンバーが多いため賑やかで楽しい現場となりました。
スコップで凍った地面を突っ突いているので、「ピッケルかツルハシの方がいいよ」と教えると、「これツルハシ?」「いやそれはスコップ!」(まあ、土木工事現場でもなきゃツルハシなんて見ることないだろうけど、スコップくらいはわかるんじゃね?(笑)
「これ鉄かなあ?」「パッと見、プラスティックだと思うぞ!」「これ燃える?」「それコンクリだよ!」(日本の学生、大丈夫か?(笑)

地面はそれほど固くなかったので、大ツルハシを使ってもそれほど重労働ではなかったものの、数人で大物ガレキを引っ張り出す時に、左手首を捻って少し痛めてしましました。まあ大したことはないけれど。

また、「今日のボラセン」と「UT-Aid」のページから写真を拾ってきました。
σ(^^)もちょこっと写っています。(^^;

021101

021104_2

021105_2

021106

021107

021110

021111

 

活動を終えて、風呂と夕食です。
今日は追分温泉に行くことにしました。その途中、陸前戸倉駅があった近くの国道沿いにできた「ほったて小屋」が気になります。元々は着物屋さんだったそうですが、ラムズの支援で食堂をオープンさせたようです。
営業情報がわからなかったので、追分温泉に行く途中に立ち寄って聞いてみると、19時頃まで営業しているとのこと。それならお風呂に入ってからでも間に合います。なので明るいうちに写真だけ撮っておきます。

0041

立地はいいのですが、案内板等がわかりにくく、なんの店なのか(そもそも店なのかどうかも)わかりにくい感じです。もうちょっと工夫したらいいのになあ。
あとで聞いたところ、のぼりを出そうと考えているそうな。

山の秘湯感たっぷりの追分温泉に着きます。小雪が舞うのがいい感じ。
これでお湯がもっとよければなあ。。。(^^;

0043

 

再び、「ほったて小屋」に戻ります。
壁にメニューが貼られているものの、今日はできないってものもいくつか。
その中で、日替わり定食がマグロとイクラとメカブの「三色丼」でタコ刺しも付いているとのこと。これにしよう。(^o^)

0044

0045

食後には、チーズケーキとコーヒーも付いてきて、これはお得でした。

 

そんなこんなで、3日目が終了。
3連休で来ていた人たちが帰路についたので、駐車場とかが寂しくなりました。

|

« 【南三陸ボランティア/2013年2月】2日目-助作エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア/2013年2月】4日目-志津川漁港 »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

助作の読み方って検定試験に使えそうですね。伊里前とか清水浜、波伝谷とか・・・
銭湯「亀の湯」って懐かしいなぁ。遠野のことですけど。(^^;
VCでお湯もらえるんですか。便利ですね。
気仙沼に追分温泉、アクティブですなぁ。ガソリン高いのに。(*_☆\バキッ
(ひょっとしてEV?)
食と温泉とほどほどの力仕事、いいストレス解消かも。(^^)
ちょっと食べ過ぎの感じもしますけど。いつものことですが・・・。
こちら、冬の東北は遠いッス。

投稿: 千葉のA | 2013年2月27日 (水) 16時49分

>千葉のAさん
本文に書くのを忘れてましたが、今回「湯たんぽ」を持っていくのを忘れました。
まあ無くても大丈夫だろうとは思っていたのですが、そんな話をVCでしていたら、たまたま余っていた物を貸してもらえました。そのついでにお湯も。
ちなみにお湯は受付にあるストーブ上のやかんのお湯で飲用不可です。

投稿: たなかつ | 2013年2月28日 (木) 09時11分

追記

>こちら、冬の東北は遠いッス。

BRTバスはJR気仙沼線なので「青春18きっぷ」で乗れます。
首都圏から普通列車とBRTを乗り継いでベイサイドアリーナまで来れます。(^o^)

投稿: たなかつ | 2013年2月28日 (木) 09時22分

あ、人の弱みをついてきましたね。悪い人だ。
でも南三陸って現地で足が無いと不便なんですよね。
これ去年できなかったのでその気がないわけじゃない。
とはいえ、いつまでもボランティアしてるわけにもいかないし。
そんなわけで相変わらず被災地との関わり方を模索してます。

投稿: 千葉のA | 2013年2月28日 (木) 20時59分

>千葉のAさん
この3月で震災から2年ですね。
そろそろ一つの区切りを迎える時期かなという印象もあります。さて。。。

投稿: たなかつ | 2013年3月 2日 (土) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/56845340

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2013年2月】3日目-上の山エリア:

« 【南三陸ボランティア/2013年2月】2日目-助作エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア/2013年2月】4日目-志津川漁港 »