« 【南三陸ボランティア/2012年12月】1日目-港エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年12月】3日目-上の山エリア »

2013年2月 3日 (日)

【南三陸ボランティア/2012年12月】2日目-志津川漁港

[12月17日(月):2日目]

ううむ、書くのをサボっていたら2月になってしまった。。。(^^;

というわけで、2日目。
平日となると参加人数はぐっと減ってしまいます。
昨日と同じ場所かと思っていたのですが、「志津川」と書かれています。内容を聞いてみると、漁業支援でカキ養殖の手伝いとのこと。

今日のリーダーは関西人女性のノリピーさん。メンバーは昨日も一緒だったコボリさん、おなじみカリタスジャパンから3人など合計8人だったか。
コボリさんとカリタスの3人を乗せて出発。志津川漁港は近いのですぐに到着します。
漁業支援活動は2月に同じ志津川漁港でワカメ養殖の手伝いをして以来10ヶ月ぶりです。

濡れて汚れるので、でかいビニール製の前掛けを借ります。これを着けるだけでちょっと漁業関係者っぽいかも。(笑)
水揚げされたカキには、貝殻にビッシリとムール貝が張りついています。これを引っ剥がして分別します。漁師さん達はカキをいつくかのランクに分けて分別していますが、それはちょっと難しい(貝殻が大きくても厚みがないものは中の身が小さい、とか…)ので我々ボランティアはカキは全てひとつのカゴに入れて、後で漁師さんがそれを分別します。ムール貝の方もある程度の大きさ以上はカゴに入れて、小さいものや割れたものは捨てるほうへ分けます。(活きた貝として出荷するので)
他にも小さなカニとかウミウシとかも混ざっていたりして、なかなか飽きないです。男女混成チームだし、カリタスの熊本出身の女性があれこれしゃべって場を盛り上げてくれるので、和気藹々とした楽しい現場でした。

ムール貝は、シュウリ貝とかニタリ貝とも呼ばれるそうですが、魚介パスタ(ペスカトーレとか)に乗ってることも多い2枚貝(淡水産のカラス貝に似てます・・・って今どきカラス貝の方が珍しいか)で、貝殻の間から毛糸状のものをモジャモジャと伸ばして他のものに張りついています。分別する時にゴミだと思ってこの毛を取り除いちゃうと、また新たに生えてくるらしいのですが、それだと貝が弱って痩せてしまうので注意するように、とのこと。
休憩時間に、ムール貝の酒蒸しを戴きました。これ美味しい。本来は貝殻から伸びている毛の部分を取り除いてから調理するのでしょうけど、そのままのものが多くあるあたり浜料理のワイルドさってところでしょうか。誰かが、「毛がないのは小学生で、毛があるのは大人の貝」などと言って一同大笑いとなりましたが、なんの話でしょうかね。(^^;;;

今日のボラセン」ページに写真が出ていたので拾ってきました。

121701

121702

121703

121704

 

この日の活動を終えて、ボラセンに戻っておみやげを購入。(ふだんは最終日に買うのですが、遠藤さんが「明日は休みなんです」と言うので1日早く、、、なんか商売上手だな(^^;)
その名も「ぼらせん」という煎餅。(^^;
以前の「チョコボ」と同様に、よく見る人たちが包装紙に載っています。

016

包装紙をびりびりと破り裂くのが忍びないので、カッターで丁寧に切り開いてみました。(^^;

その後、まず向かったのが「さんさん商店街」。ここにある蕎麦屋さん「京極」に行きます。商店街の飲食店の中で閉店時間が早いこともあって、ここだけが未訪だったので行ってみたいと思ってました。(最近、お寿司屋さんが開店したようで未訪のお店が増えました)
夕食にはまだ早い時間だし、軽めに「ざるそば」です。

008

うむ、私個人の好みで言えば、もうちょっとコシが強い方がいいかな。(腰痛持ちなので??コシは大事です。。。なんのこっちゃ)

被災したJR気仙沼線に代わってBRT方式のバス代行が始まりましたが、元の志津川駅前にあったバス停がさんさん商店街の隣に移設する工事が完成間際でした。実質的にはバス停ですが、JRの「駅」という扱いになるのか、なかなか立派です。

009

010

何にもなくなってしまった駅前より仮設とは言え商店街の隣の方が町に活力が出てくるでしょう。歌津駅も福幸商店街のところにバス停を移してもよかったのになあ。

 

漁港で寒風に吹かれたので温泉で温まろうと、車で1時間ほど走り、「みなみかた温泉」へ向かいます。
ここはよく温まる食塩泉の温泉です。相変わらず、営業しているのかしていないのかわからない様子なのですが、それはいつものことなので玄関から入って声をかけたところ、、、、、、

「ボイラーのスイッチを入れ忘れて、まだ沸いていない」

という極めてレアな(笑)ケースで入浴不可。
これまで、全国各地の温泉や銭湯を回っているので、定休日や臨時休業に当たったことは数多くあり、なかには行ったら廃業してたなんてこともありましたが、今回のような人為ミスで入れなかったのは初めての経験でした。(^^;
1時間ほどで沸くとのことなので、せっかくここまで来たことだし、近くで食事しながら時間調整することにしました。(そば食べてからあまり時間たってないけど)

というわけで、ここからそう遠くない「かるら(漢字が難しい)」へ。ここは焼肉屋で、前回ここで美味しい「迫(はさま)牛」をいただいたのですが、一人で焼肉ってのもなんなので今回はラーメンです。

011

 

そんなこんなで、ようやく「みなみかた温泉」に入れました。
あれこれあったけど、さすがによく温まります。

012

おかげで、車中泊でもポカポカでした。

というわけで、2日目が終了しました。

|

« 【南三陸ボランティア/2012年12月】1日目-港エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年12月】3日目-上の山エリア »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

貝の名前に詳しいですね。再就職も問題なさそうです。(*_☆\バキッ
お菓子ボラセンの下段9人の写真、左から2、4、5、6、7番目の人、知ってます。(^◇^)
新しいバス停はお洒落ですね。SFに出てきそう。震災後、新しい都市に空中都市008なんか考えたことがあります。
だってこれなら地震も津波も関係ない?

投稿: 千葉のA | 2013年2月 3日 (日) 08時18分

>千葉のAさん
>左から2、4、5、6、7番目の人、知ってます。
(笑)
でも、もっと知ってる人いるんじゃないかな、って思いますが。

投稿: たなかつ | 2013年2月 3日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/56527729

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2012年12月】2日目-志津川漁港:

« 【南三陸ボランティア/2012年12月】1日目-港エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年12月】3日目-上の山エリア »