« 【南三陸ボランティア/2012年7月】準備編~出発 | トップページ | 南三陸ボランティア/2012年7月】今回の同行者 »

2012年8月 8日 (水)

【南三陸ボランティア/2012年7月】1日目~2日目-切曽木エリア

[7月29(日):1日目]

いつもは初日の朝にVC前で記念(?)撮影してから始めているのだが、今回は忘れてしまったので写真なし。

今日の活動場所は切曽木エリアでの農業支援。これまでガレキ撤去や漁業支援は何度もやらせてもらってるが、農業支援は初めてである。さてどんなもんか。

 

今日のリーダーは、サッキーさん。ほかにハセガワさん、れいあさん。

場所は陸前戸倉口駅があった辺りから小さな川沿いに上っていった辺り。はっきり言って山の中である。このすぐ下の辺りまで津波が押し寄せてきたとは、、、ちょっと想像し難いものがある。

その場所で農業を営んでいた人がビニールハウスや住宅が流されてしまったものの、少し高い場所にビニールハウスを作って農業を再開しようとしているのが今日の活動場所。ハウス内に土を入れたものの、石ころが多くてこのままでは農業に適さないので、その石ころを拾い集めるというのが今回の作業内容である。

0011

ビニールハウスで栽培するのが小松菜ということで、あまり深いところまで石を拾う必要はない。スコップでざくっと一掘りして、その中の石を拾い集めるという作業。どこから持ってきた土なのかわからないが、なるほど小石がいっぱい埋まっている。小松菜の場合は石があっても作物の品質には影響しないらしいが、種を植え付ける機械が使えないとのことらしい。
というようなことを実演しながら説明してくれるハセガワさん。あいかわらず説明がわかりやすいと思う。

0013

(今日のボラセンページより拾ってきた写真。中央の青い帽子が私です)
人手を半々に分けてハウスの手前側と奥側に分かれて作業開始。
スコップで掘る人とピッケルで崩して石を探す人が向かい合う形で2列に並び、ざくっと一掘りして、手分けして石を拾ってバケツに入れていく。スピードは必要ではなく、あくまでも丁寧な作業が求められている。
土は固くないので掘るのも楽だし、石を拾う作業自体は単調で地味な作業ではある。だが、この作業で大変なのはその作業環境。考えてみてほしい。真夏の炎天下でビニールハウス内にしゃがみ込んでの作業である。汗が噴き出る、流れ落ちる。。。
短時間ごとに休憩をいれ、水分を大量に補給しながらの作業。
こういう時は、黙々とやるよりも、わいわい話しながらやった方が熱中症になりにくい。ハウス奥側のメンバーは、私と同乗してきたアサマくん。遠く九州から18きっぷでやってきた高校生ちかちゃん親子。静岡県の教職員団体といった面々。ここまでネコをかぶっていたアサマくんが鉄道好きと判明し、教職員を交えてローカル私鉄ネタで盛り上がる。(^^;

昼休み。
すぐそばを清流が流れている。みんなここに足を浸けて冷やしているが、若い人たちは服着たまま川に飛び込んでいく。(^^;;;

0014

暑いけど、そこまで童心にはもどれず(苦笑)、見物するにとどめる。

午後も同様の作業だが、ハウス内の地面が熱を吸収してとても暑い。午前に比べて環境面で悪化中。
そんな中、ボラセンスタッフなどからアイスの差し入れがありありがたかった。

まる一日かけて、たいした面積もできなかったのだが、先に書いたようにスピードではなく丁寧さ重視である。今日だけの作業ではない。
ほかのハウスでは、すでに種付けが終わって小さな芽が出ているハウスもあった。1ヶ月くらいで出荷されるのだろうか。

ちなみにこのハウスで栽培された小松菜はAmazonで購入できるらしい。
産地「南三陸町 切曽根」、生産者「星達哉」で検索すると出てくるそうな。。。ということで検索してみたが出てこなかった。よく考えたら出荷されたタイミングでないと出てくるわけないか。(^^;
そういうわけで、買って応援しようという方は、頻繁に検索してみてください。また運良く、南三陸産の小松菜を見かけたら、ボランティアの人たちも頑張ったモノだと思って、ぜひ買ってみてください。

 

活動を終えて、夕食。
アサマくんを連れて歌津の「あおぞら食堂」へ。ここは先月も行ったところです。

今回も、地元産の食材をつかったラーメン。しょうゆ味。

0015

夜、今回は2泊だけなのでテントは張らずに車中泊。
さすがに前夜ろくに寝てないので爆睡モード。

こうして、1日目が終了しました。

 

[7月30(月):2日目]

この時期、朝は早い。5時には日が出て暑くなってくる。
駐車場で車中泊の人たちもポツポツ起き出してくるし、テントサイトからテント村の村長と呼ばれるコマツさんも散歩に出てきて、しばし雑談。

さて、今日も昨日に続いて、切曽根で農業支援。
リーダーは、サッキー&れいあの美女コンビ(ややヨイショ(^^;)
団体さんは昨日で帰ったので、同じ場所で継続なのは自分とアサマくん。九州のちかちゃん親子の4人。平日ながら新規の人はけっこういる。今日は広島のオガサワラさんも乗せて3人で移動。
場所がわかってるってことで分岐場所で誘導してほしいと依頼され、先回りして分岐場所へ。全体の車の台数を数えていたが1台足りない。ちかちゃん親子の車が来ていないようだ。彼女らは場所を知っているので大丈夫だろうと自分の車の戻ったところでようやく追いついてきた。どうやら買い物していたそうで、、、何かと思えば、昨日ハウス脇の仮設トイレにトイレットペーパーが少なかったので買ってきたとのこと。こういう心遣いエラいと思う。

今日のメンバーは団体さんはいなかったが、目立っていたのは千葉県から来ている3人組。実はfacebook知り合いのS水さんの同業者と判明。その中のタカハシさんが作業環境の悪い中で場を盛り上げてくれました。(^^;

昼休み。
2日目ともなれば度胸もついてきました。ということで、川にダイブ。これが最高に気持ちいい!(^o^) 川で泳いだのって何年ぶりだろうか。

これで身体が一気にクールダウンできました。当然ながらズボンもパンツもずぶ濡れですが。(^^;;
で、この効果が大きくて、午後の作業で暑さを感じません。1時間くらい楽勝で作業できそうです。ということで、休憩時間にまた川でシャツを濡らして着たところこれが涼しい! スポーツ選手などが試合の合間に頭から水を被ったりするけど同じようなものでしょう。熱中症対策として、思い切って水を浴びるってのはかなり効果ありそうです。覚えておこうっと。

2日間かけても、このハウス1つが終わらなかったわけですが、丁寧さ重視なのでしかたないところ。

VCに戻って今日の活動終了。

 

この後は、さんさん商店街にて別のイベントがあるのですが、それはまた別に書きます。

ということで、2日目が終了しました。

 

|

« 【南三陸ボランティア/2012年7月】準備編~出発 | トップページ | 南三陸ボランティア/2012年7月】今回の同行者 »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/55374574

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2012年7月】1日目~2日目-切曽木エリア:

« 【南三陸ボランティア/2012年7月】準備編~出発 | トップページ | 南三陸ボランティア/2012年7月】今回の同行者 »