« 【南三陸ボランティア/2012年8月】準備編~出発 | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年8月】歌津復興夏祭り »

2012年8月19日 (日)

【南三陸ボランティア/2012年8月】1日目~2日目-竹川原エリア

[8月10(金):1日目]

受付時間前、VCテント前では準備などもやっていたが、手伝う余力も無く、また見知った顔の方々へも挨拶しに行かず、ひたすら木陰で休憩モード。体力温存がカギである。(^^;

今日の活動は、竹川原エリアでのガレキ撤去。
6月、7月とここでの活動頻度が上がってます。
リーダーはゴトウさん。他にはイトウさん、キサさん、サッキーさん。

移動手段のないボランティアさんが結構多く、今回は3人同乗させることに。こういう人たちを同乗させるのはσ(^^)の活動方針なので大歓迎です。東京のハラダさん、モロカジさん、大阪のワタナベさん。(ワタナベさんは消防の人だそうで、震災当日に大阪から岩手県へ向かったらしい。仕事とは言え大変だなあと思います)
出発前に同乗者に確認したところ、案の定(?)、飲料水(1~2Lは必要ですよとアドバイスしました)や昼食の準備が不十分な人もいたのでコンビニ経由。
コンビニ駐車場で待っていると、別の買い物組のボランティアの人から「活動場所まで先導してください」と。(場所と行き方を納得して出発したんじゃなかったの?(^^;)

そんなこんなで、ちょっと遅れたかな、と思いつつ現場に向かうと、、、先発していた車列が駐車場所を行き過ぎたようでUターンしたりなどと朝からみんなちょっと混乱モードのようです。おいおい。(^^;

作業内容、分別方法などの説明の後、作業開始。大人数の現場なので、σ(^^)を含めた「よく見かける人たち(byキサ談)」を作業班長的にうまく使ってる。まあやってることはいつも通りなので問題ないけど。

そうこうするうちに、2回目の休憩後、「よく見かける人」であるσ(^^)とナカニシさんが、キサ&サキに引き抜かれて別作業に。伐採されて山積みになっている竹や丸太の片付け作業。キサ&サキがチェーンソーでざくざくっと短く切り分けたのをσ(^^)とナカニシさんで2台のトラックに積みこんでいく。満杯になったら海岸近くのゴミ集積所まで運んでいって捨てる、という作業の繰り返し。
ややマンネリ感のあるガレキ撤去と違って、今までやってない作業は楽しいな。おまけに少人数ってのもいい。どうも大人数は苦手で。。。(^^;

昼休み、車の後方で隣の車の人と話していると、一人のボランティアの人が「埼玉の人ですか?」と近付いてきました。同じ埼玉県の熊谷西高校から来ている団体さん(高校生と引率の先生)で、事前に500mlのペットボトルを一人1本用意していたのだが最初の休憩で飲み干してしまったのでコンビニまで買い出しに行きたいとのこと。(この炎天下で500ml1本だけってのはちょっと無謀だったかと(^^;)
ということで、この先生を乗せて廻館のファミマまで。
車内で話を聞くと、柔道部とダンス部とバレーボール部の全員とその他有志の生徒たちで、日帰り(前夜出発して1日活動後に帰るという弾丸ツアー)らしい。よくやるなあ。。。
買い出しを手伝ったので、1本いただきました。ありがとう!!

午後も午前同様に竹の片付け。だいぶ片付いたものの時間内に終わらなかったのはちょっと残念でした。(明日の活動もコレかな?)

ボラセンに戻ってきたら、急に睡魔が。。。
そういえば完徹明けだったっけ。昼間作業してるうちはかなり集中していたのか、全然眠くはなかったんだけどなあ。(我ながらたいしたものだと思う。(^^;)

とりあえず夕食を、、、ということで、ややふらつきながらも「さんさん商店街」へ。
南三陸さんさん商店街

今回は「松原食堂」へ入りました。注文したのは「活ホタテ付き刺身定食」で1200円。

0001

ご主人のイチオシはウニ丼だったようですが、ウニ丼は前回いただいたのでホタテ&タコにしました。美味しかったなあ。(^o^)
ちなみに同じ「きらきらウニ丼」でも店によって仕入れ先やらこだわりなどが違っていて、ここのウニ丼も自信の一品だそう。そう言われると気になるのですが、予算的に毎食ウニ丼を食べるわけにもいかず。。。(^^;

夕食を食べて少し余裕も出てきたのでベイサイドアリーナのロビーでくつろいでいると、あとから来た人が「お邪魔しまーす。。。あ、タナカさんっ!」と。見れば、ちょうど1年前にテントサイトで一緒になった関西のミキさん。1年ぶりの南三陸とのこと。(自分が帰った翌日には1年ぶりのムラオさんも来ていたらしい)

こうして、1日目が終了。

 

[8月11(土):2日目]

南三陸へ来ると,生活リズムが早寝早起きになります。(^^;
早寝して爆睡したものの、早朝から目覚めて活動開始。。。と言っても何するわけでもなく、両隣に車を停めていた人たちとの交流。
北海道から来たテンモトさん。京都から来たオオヒさん。前にも会っているコボリさん。早起きして散歩ついでにゴミ拾いしている(←見習いたいな)コマツさん。初めて会う人も何度も会っている人もすぐに仲良くなれるのは、こういう場所のいいところです。(^o^)

今日の活動場所も前日と同じく、竹川原エリア。
リーダーも同じくゴトウさん。他はイトウさん、ハッタさん。
竹の片付けは別の日になったとのことで、今日は通常通りのガレキ片付け。
昨日の同乗者3人のうち、モロカジさんだけ今日も継続なのでまた同乗してもらう。あと二人は乗れるので乗せられる人ってことで手を挙げたが、とりあえず移動手段のない人は他の人の車に決まりました。
現場までの行き方がわかった人たちは出発準備に散りましたが、まだ半数近くの人が残ってます。いちおう、その場に残っていたところ、案の定、移動手段のない人がちらほら。ということで、山口のシモフサさん、東京のサイトウさんも同乗してもらうことになりました。
同乗者3名とも南三陸は初めてとのことだったので、通常ルートの国道経由ではなく、海岸沿いルートで街の様子を見てもらいながら現場へ。

最初にゴトウさんから注意事項の説明。。。いつも長いと不評とのことで今日は端折ります。と言いつつ十数分。(^^; まあ、大事なことだし初めての人もいるので、こういう丁寧な説明の仕方はσ(^^)は好きです。
実際、今日の場所では、ガレキの分別がちょっとイマイチ(本来、別々にしなきゃならないモノが混合していました)な状況でした。
おそらく数日前にこの場所に分別して置く場所を作ったのでしょうけど、最初に徹底できていないと、後からでは修正が難しくなります。最初が肝心。

今日は大人数の団体さんはいないものの、個人やグループ参加の人たちで大人数です。夏休みということで若い人たちが多く元気があります。σ(^^)のような中年オヤジは適当にセーブしながら(笑)やってる人が多いのですが。(^^;
いや、言い訳ではなく、こういう炎天下の中でがんばり過ぎちゃうと倒れかねないので。。。(やっぱ言い訳か(^^;)

活動中にほとんど雨に降られたことのないσ(^^)ですが、今日は雲行きがあやしく、少しポツリポツリと。なのでちょっと早めに活動終了となりました。
作業のキリが中途半端になって、作業終了して集合の合図があった後ももう少し続けようとする人も見かけました。気持ちはわかるけど、まだまだ日数のかかる現場で今日だけの作業じゃありません。見切りをつけて翌日の人に任せることも必要です。

今回は2日間だけなので、これで活動終了です。
初日の朝に写真を撮らなかったので、活動終了後の姿を撮ってもらいました。今回はしっかり長袖・長ズボンの作業スタイルだったので顔面以外は日焼けしないですみました。(^^;
0002

ボラセンで活動証明をもらって、役場で帰りの高速道路の無料通行の証明書を発行してもらいます。おや、また書式が変わったなあ。

ボラセン前で資機材の片付けをしている長期ボラの人たちに軽く挨拶して、ボラセンを後にします。(今回は資機材の片付けを手伝うタイミングなかったなあ)

でも、そのまま帰路ではありません。
もう一つ立ち寄るところがあります。これについては別途。

|

« 【南三陸ボランティア/2012年8月】準備編~出発 | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年8月】歌津復興夏祭り »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

ミキ君再登場ですか。また貸しテントかな?
暑そうですねぇ。ちょうど1年前のことを思い出します。
お盆で帰宅したんですが、帰路の暑かったこと!(+o+;;;
どうやって帰ったか記憶が無い?(あぶねぇ~)

さんさん商店街って仮設ですよね。
最大商店街を失った周辺地区の人達の生活も少し落ち着いたのでしょうか。
本設の住居や商店街のイメージってどうなっているんでしょうね。
ウジエスーパーはどこに出店を考えているんでしょう?
養殖イカダの土俵作りはもう完了したのでしょうか。
ボランティア活動レポートだけでなく復興の足音を聞くのも楽しみです。

投稿: 千葉のA | 2012年8月19日 (日) 06時38分

>千葉のAさん
仮設の店舗自体は増えています。商店街も歌津と志津川にできていてイベントなども開催したりしています。漁業・農業・商業などを再開する人たちも出てきているようですが、生活が落ち着いてきたと言えるのかどうかは・・・

漁業支援活動は2月のワカメ以降、機会がありませんでしたが、VCのページを見ていると活動自体はあるようです。養殖のアンカー作りも昨年ほどではない感じですが時々やっている模様。久々にやりたい気もしますが、「仕事は選ばない」方針なのでVCのマッチング次第ですね。

市街地だったエリアでは、今年度に入ってから建物の解体が進んでいて、志津川病院やサンポートといったかなり目立っていた建物も解体されました。高野会館は残っていますが。
また一時期は高く積み上げられていたガレキの山も、処理が進み出したのか山が小さくなってきた印象です。
あとは、この津波に流された土地をどのように活用するのかとか、住宅地の高台移転など復興にむけての課題はいろいろとあるとは思います。そこは外部の人間ですので、深入りしすぎず見守りたいと思ってます。

投稿: たなかつ | 2012年8月19日 (日) 12時25分

え!志津川病院やサンポート解体されたんですか?知らなかったです。
あの2つの建物って南三陸町を象徴する建物の一つ一つだったと思うのですが、残念です。
奇跡の一本松が切り倒されたような印象を抱くのは私だけでしょうか。
高野会館も今後は解体されるのでしょうか?
防災対策庁舎はどうなってますか?

さんさん商店街の地図に志津川駅が載っているのがなんとも言えません。

>そこは外部の人間ですので、深入りしすぎず見守りたいと思ってます。
十分深入りしていると思ふ。

追伸)
明日からボランティア復帰します。まずは岩手から。

投稿: 千葉のA | 2012年8月19日 (日) 20時45分

>千葉のAさん
高野会館はまだあります。一説ではここは解体しないと聞いたことがありますが確かな情報ではありません。
防災庁舎はだいぶ前に解体が決まったと聞きましたが、まだそのままの姿です。

個人的には、こういう被災した建物は解体した方がいいと思っています。記憶と記録に残す方法は他にもあるはずです。

>十分深入りしていると思ふ。
現状、表面上だけの関わりです。(^^;

ようやくボラ復帰ですね。(^o^)
また10日間ほど行かれるのでしょうか。まとまった日程で活動されるのが羨ましいです。
久しぶりの現地入りだと、いろいろ変わっているところが目に付きそうですね。活動報告を楽しみにしています。
また、南三陸でも会いましょう!

投稿: たなかつ | 2012年8月19日 (日) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/55447423

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2012年8月】1日目~2日目-竹川原エリア:

« 【南三陸ボランティア/2012年8月】準備編~出発 | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年8月】歌津復興夏祭り »