« 【南三陸ボランティア/2012年6月】魚竜の湯~お風呂はまだない | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年6月】3日目~4日目-竹川原エリア »

2012年7月12日 (木)

【南三陸ボランティア/2012年6月】2日目-長清水エリア

[6月24(日):2日目]

登米市内の駐車場を出発してボランティアセンターへ。ちゃんとラジオ体操の時間には間に合いました、(^o^)

ここで一人の男性に声かけられました。
「前に港で一緒に砂利詰めやったのを覚えてますか」と。
埼玉のワカヤマさん。どこかで見たような、とは思っていたものの、声かけられるまで思い出せませんでした。(^^;

この日は、ベイサイドアリーナ前で「復興市」が行われるとのことで、朝からイベント準備が進められています。

0013

準備風景を眺めていたら、こんなのもありました。

0014

氷漬けの鮭。なんでも「鮭のつかみ取り」があるとか、、、あとで聞いたら、つかみ取りではなく網ですくい取りだったそうですが。(^^;

その後、ボラセンテント近くに突っ立っていたら、若い女性がまっすぐσ(^^)のとこへやってくる。えっ、なんだろ(どきどき(^^;)
なんのことはなかった。復興市の準備風景を指さして、これ何やってるんですか?と。(^^;
もっとも復興市には参加したことがない(ボラやってると時間的に参加できない)ので詳しいことはわからないのだが、、、簡単に説明しておく。
どこから来たのか、と聞いてみたところ、愛媛県の松山大学の学生34名がバスでボランティアに来たとのこと。全5日の行程だが往復の移動にそれぞれ丸一日かかるのでボランティア活動できるのは3日間とのこと。
松山大学のWebサイトにも紹介されていました)
若い人たちが頑張っているのはいいことだ。。。(←年寄りくさいなあ)

 

そんな朝の一コマがあって、今日の活動は「長清水(ながしず)エリアでガレキ撤去」となりました。集合場所の看板には「民宿ながしす荘の向かい」と書かれた地図も貼られています。それを眺めて「うん、だいたいわかるな」と。
今日のリーダーはハッタさん。他はサトミン、ウチダさん、イトウさんといったあたり。
昨日のメンバーのうちイシダさんは今日は活動無しなのでウエハラさんを乗せ、他に東京のコボリさん、宮城県内のイシヤマさんを乗せて出発。出発前に荷物の移動とかに手間取ってちょっと遅れたのだけど難なく追いついて問題なし。

現場は事前に草刈りしてあって、その草の除去とガレキ拾い。昨日の竹川原エリアと比べると埋まっているガレキが少ない感じ。上記の学生たちもいて人数が揃っているので順調に片付いていく。
ここで他グループの人たちにトラブル。カラスに昼食を盗られた人たちが続出。まあ全部盗られたわけじゃないので昼食抜きになった人はいないようだったが。。。コンビニ袋に入れて置いておくと狙われちゃうんだよねぇ。昨日はカラスに注意との話もあったけど、今朝はそういう話はなかったような。。。

午前の作業が順調だったので、午後は二手にわかれて別の作業をすることに。
まず半数の人が側溝へ。これは体力勝負なので…学生たちにがんばってもらおう。(^^;
残りはすぐ側を流れている川に入って川底のガレキ撤去。σ(^^)はこちらをやることに。川は浅いので普通の長靴で大丈夫である。
川底のガレキ撤去は、下流から上流に向かって移動しながら行う。上流でガレキを掘り出すと水が濁って下流側で何も見えなくなってしまうから。できるだけ下流からというリーダー指示だったのでサトミン以下川に入って下って行ったのだが別のサブリーダーからあまり下流に行かないでとの注意。んー、リーダー間の意思統一がやや混乱気味でした。(^^;

津波は川に沿って遡っていたので、川底にはいろいろなものが埋まっています。おそらくここも掘れば掘るほど出てきそうですが、やはりキリがないので、上から見えているものを拾うレベルでよいとのこと。
でも、けっこうみんな雑。どんどん上流へ歩いて行くのだがまだまだいっぱい落ちているままである。結局、最後方でそういうのを拾い集めるポジションになっていました。σ(^^)

 

さて、午後の活動も順調に終わってボラセンに戻り、道具の片付けを手伝ったり(手伝う人が少なくなったような)、テントを設営したりして、さてこの後どうしよう。
ということで、車を歌津方面へ走らせます。

まずは、伊里前の「福幸商店街」へ。

0015

大漁旗に代わって、球団フラッグとかで賑わっているのですが、肝心の人出がちょっと寂しい感じ。大丈夫か?
食事できる店とか食材を扱うお店が増えればと思うのだが、現状ではやや微妙感が否めない感じ。とりあえず明朝に食べられそうなものを買っておく。

続いて、「平成の森」へ。1月に知り合った人はここに泊まっていたなあ。
ここのお風呂が一般開放されているというので、それが目的。
受付で守衛さんに声かけると案内されました。300円で月金定休。14時~21時とのこと。

0016

あまり知られていないのか、貸切状態でした。
立地的に、魚竜の湯が完成したら、競合しそうだなあ。。。

 

最後は夕食。
平成の森から国道に降りたところに仮設の食堂ができていたので、そこに向かいます。
あおぞら食堂

ここのラーメンは、地元の魚のアラで出汁を取り、地元のワカメや野菜を使っているとのこと。醤油・塩・味噌とありますが、今回は醤油味で。

0017

美味しいです。(^o^)
値段は700円。ちなみに町民だと割引があってかなり安くなります。残念ながらボランティア割引はありません。(^^;
まあ、今回は現地でお金を使うのも目的なので、それをケチってもしかたない。こういうお店には頑張ってほしいものです。

 

ベイサイドアリーナに戻って、21時までTVを眺めたり、ワカヤマさんと雑談したり。。。そしてテントの入って就寝。

こうして2日目が終了しました。

|

« 【南三陸ボランティア/2012年6月】魚竜の湯~お風呂はまだない | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年6月】3日目~4日目-竹川原エリア »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

アリーナの前にできた図書館はまだあるの?
外のシャワーは復活しない??

投稿: 千葉のA | 2012年7月12日 (木) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/55149562

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2012年6月】2日目-長清水エリア:

« 【南三陸ボランティア/2012年6月】魚竜の湯~お風呂はまだない | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年6月】3日目~4日目-竹川原エリア »