« 【温泉】自遊人の温泉パスポート | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年6月】1日目-竹川原エリア »

2012年7月 8日 (日)

【南三陸ボランティア/2012年6月】準備編~出発

6月下旬に、久しぶり(?)に南三陸町へ行ってきました。

震災からちょうど1年だった3/11以来なので3ヶ月ぶり7回目となります。
(前回は日帰りで買い物と黙祷だけだったのでボラ活動としては6回目です)

前回までは真冬モードでそういう装備だったのですが、6月下旬となれば関東はジメジメ蒸し暑い梅雨真っ盛り。昨年8~9月のメッチャ暑かったことも頭にあるので、暑さを想定した装備を準備していったのですが、、、

この時期の南三陸は涼しかった。。。夜などは寒かった。

1枚だけ持っていた長袖上着。これが無かったら風邪ひいたかも。(^^;
不慣れな土地の気候は読みづらいですね。(^^;

 

それ以外の準備は、、、いつも通りか。
食料は今回は少なめにしました。仮設商店も増えてきたので、夕食はそういうお店を巡って現地でお金を使ってこよう、と。(こちらの財源も厳しいんだが…)

高速道路の無料通行証は、、、電話登録で済んだ以前とは違いFaxでやりとりしなければならないのが面倒なのと、また出発までに市役所窓口へ行く時間も取れず今回も往路については自腹モード。

準備に手間取らなかったので、いつもより早めに出発。そのため最初はあえて高速に乗らず下道で。
国道4号はバイパス整備が進んでいて快適な走り。単調な高速道路とは違ってメリハリはあるぶん眠くもならない。栃木県~福島県と進むうちに、このまま下道で行ってしまおうと決める。仙台市内に入ったあたりでさすがに疲れてきてコンビニで長めの休憩。夜明けを待って再始動して南三陸町へ。

 

町内に入って、もう見慣れてしまった景色、、、と思いきや、今回はちょっとした「変化」も見られました。写真などは撮ってはいませんが、志津川病院、サンポート、警察官舎、町営住宅などなど特徴的な建物に重機がついていて解体作業が行われています。震災から1年以上経って「ようやく」という感じもしますが、こういったものが解体撤去されないと次の復興ステップへ進めないので、速やかにすすめてほしいものです。

災害ボランティアセンターのあるベイサイドアリーナへ到着。この周囲にも「変化」がありました。

0001

0002

ボラセン自体はまあそれほど変わっていない(自家発やめて電気を引き込んだ模様ですが)のですが、その隣に建設中だった「役場」が完成してプレハブ庁舎から移転していました。また駐車場の一角にあった仮設プレハブ診療所も役場隣完成して移転していました。

テントサイトは仮設庁舎の下側の公園芝生エリアだけになっていて、ボラセンまではちょっと歩く距離が長くなったか。テントが十数張り出ています。

0003

朝のラジオ体操から合流。
長期滞在している見慣れた人たちの他、今回は都内での復興支援活動で一緒になった人たちとも日程が合ったので知った顔が多いです。

そんなわけで、車のリア開けて朝食のおにぎり食べてたら写真を撮られました。(笑) 車の中、片付いててよかった。(^^;

0012

さて、今回はどんな活動になるのかな。

|

« 【温泉】自遊人の温泉パスポート | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年6月】1日目-竹川原エリア »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。
高速道路の無料通行証のことを聞きたかったです。
電話でFax番号を聞いたり時間を合わせたりってどうやるんでしょうね。
手順がイマイチよくわからない。
Faxなんて持ってないし。コンビニFAXてのがあるみたいですが使ったこと無いし。
何だか敷居が高くなってしまいました。
帰路は通行証、もらえたんですか?

投稿: 千葉のA | 2012年7月 8日 (日) 19時57分

>千葉のAさん
いつもどーもです。(^^)/

行政が瓦礫撤去に限るとか条件を厳しくしてきたので、申請手続きも面倒になってきました。
今回も6月末ぎりぎりになってから9月末まで延長されましたが、ホンネは止めたいのかな、と思ってみたり。

手順的には、電話かけてFax番号聞いて、コンビニとか職場のFaxから送信して、、、まではなんとかなると思うのですが、返信をどのようにもらえばいいか悩みどころです。送り返されるタイミングがわかれば職場のFaxでもいいんだけど難しそう。コンビニのFaxでの受信はやったことがないけれど少々手間っぽい。さてどうしたものか。。。
メール添付のデータで送って、スキャナで読み込んでメールで返送ってのができればかなり便利なんだけど。。。

復路は通常通り、VCで活動証明もらって、車検証と運転免許証を持って役場の2Fへ行けば発行してもらえます。以前と違って1回限りの通行証なので料金所で回収されますので、帰路に必要な枚数分を発行してもらう必要があります。

夜間走行する場合、乗る日と降りる日が変わる場合もありますが、その場合にどちらの日で発行してもらうのが正解なのか、窓口氏によって変わるのでいまだに謎です。
まあ、常識的な範囲なら料金所で文句言われることもないのかもしれませんが。。。

投稿: たなかつ | 2012年7月 8日 (日) 22時22分

手順の復習です。
1)FAX申請書に手書きして準備・・・ここからよくわからない
 社会福祉法人 南三陸町社会福祉協議会、南三陸町災害ボランティアセンター
( ○○復興支援センター) 御中 ←ここの○○は空白でよいの?
 5.の具体的活動場所なんて書けませんよね。(゚_。)?(。_゚)?

2)VCに電話してFAX番号を聞き、指定の時間に送信する?
3)今度は向こうで何か記入した物が返信されてくる?それをどこかで受け取る?
4)後はそれを持って市役所の防災対策課等へ行って申請する?

実際に記入したサンプルとかないですかね?
瓦礫作業かどうかなんて行ってみないとわからないでしょ???

難しい・・・(-_-;

投稿: 千葉のA | 2012年7月 8日 (日) 22時51分

>千葉のAさん
私もこの書式で申請したことがないので想像の域を出ません。(^^;

活動場所は南三陸町とか南三陸町災害ボランティアセンターとかでいいのでは?
実際に何するかはVC任せだけど、予定としては瓦礫撤去でいいのでは?

おそらく、、、地元市役所ではVCのハンコが押されていれば特に何も言わないのでは、と思いますし、VCの方もそれほど細かいとこは気にせずハンコ押して返送してくれるのではないかと思ってます。

σ(^^)的に難点は、送る手段、受け取る手段、そして市役所に行く日の確保です。
まあ、許可証もらえなくてもETC割で深夜なら半額だし、今回のように下道を使うのも案外アリなので。。。

投稿: たなかつ | 2012年7月 8日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/55147245

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2012年6月】準備編~出発:

« 【温泉】自遊人の温泉パスポート | トップページ | 【南三陸ボランティア/2012年6月】1日目-竹川原エリア »