« 【南三陸/2012年3月11日】震災から1年 | トップページ | 【復興支援/2012年3月】都内でボランティア② »

2012年4月16日 (月)

【復興支援/2012年3月】都内でボランティア①

またすっかり更新が滞ってますなぁ。。。

1年目の3月11日以降はまだ現地入りしていないし、その予定も立っていないボランティア保険の更新だけはしたけど)のですが、都内で復興支援につながるボランティア活動をしてきました。

まず一つ目。

有楽町駅前で開催されていた「有楽町さくらまつり」というイベントの中で、南三陸町のブースが出されたのでそこのお手伝い。

0201

0202

テント一つのブースですが、南三陸町の物産販売と写真展示を行いました。

駅前ということで人通りは多いのですが、放っておくと素通りしていくだけなので、σ(^^)の役割は「客引き」…いや、「呼び込み」。
目立ってナンボなので、絆Tシャツを着て、テント前で大声出して注目されるようにします。どのように呼びかけるのが反応いいのか試行錯誤するうちに、「宮城県南三陸町の復興支援イベント」をアピールするのが一番よさそう。行き交う人々に向かって大声を出し、少しでも興味を示してくれた人がいたら、「どうぞ中に入ってごらんください」と直接声かけしていくと、それなりにテントに入ってくれます。

0203

0204

テント内では、商品や写真を手にとって見たり、中にいる人と話をしたりしつつ、いろいろと商品を買ってくれる人も。
南三陸町は漁業の町なので、海産物などの商品が充実していればよかったのですが、ナマモノは保健所の許可が出ないといった壁もあり、このジャンルの商品は冷凍真空パックの魚とか乾き物の海藻くらい。それでも一番現地の支援につながるということで人気でした。その他では、地元の人が作った小物なども売り上げが直接その人へ届くということで人気でした。
ボランティアセンターを運営するRSA JAPANからの商品は「絆Tシャツ」とおなじみ「チョコボ」。手軽感もあるし商品の趣旨を話すと買ってくれる人が多かったです。

非営利活動なので現地での値段そのままで販売し、それをそのまま現地に送っています。また、商品を買ってくれた人の写真を撮って、それにメッセージを書いてもらって、それを現地に届けるという趣旨の活動をしていました。
主催者は自分よりずっと若い男性でしたが頑張ってるなあ、という感じ。

イベントは2週間開催されていて、自分は1日半活動しました。
風が強い日だったので大変だったなあ。。。

|

« 【南三陸/2012年3月11日】震災から1年 | トップページ | 【復興支援/2012年3月】都内でボランティア② »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/54484962

この記事へのトラックバック一覧です: 【復興支援/2012年3月】都内でボランティア①:

« 【南三陸/2012年3月11日】震災から1年 | トップページ | 【復興支援/2012年3月】都内でボランティア② »