« 【南三陸ボランティア/2011年11月】4日目-袖浜漁港 | トップページ | 【南三陸ボランティア】2011年の活動の総括 »

2011年12月31日 (土)

【南三陸ボランティア/2011年11月】2枚の写真

南三陸町のベイサイドアリーナでは、今回の震災関連の写真が展示されていた。数ある写真の中で、ひときわ強く印象に残ったのがこの2枚の写真です。

(地元新聞社の提供によるもののようです)
(展示されてる写真パネルをデジカメ撮影しました)

(こういう写真をブログに上げるべきか迷ったが、あえて上げることにします)

0001

0002

 

震災後、南三陸町へ三度来て計14日活動し、町内ほぼ全域を見ていますが、震災後の姿しか見ていないのですよね。
最初にここへ来たときはかなり衝撃を受けたのですが、回数を重ねるごとに目が慣れてしまったことは否めません。
最初に来た時3回目に来た時の表情でもそれがわかりますね)

この二枚の写真。同じ場所から同じアングルでの撮影なんですね。
最初、街並の写真を見た時にはどこの景色なのかすぐにはわかりませんでした。震災後の写真の景色は毎日のように見ている景色なのですぐわかったのですが、、、
元がこういう街並だったんだとは現在の姿からは想像もできません。これが文字どおり全て流されてしまったのか。。。言葉にならない、とはこういう感覚なのでしょうか。
この数ヶ月で目が慣れてしまって忘れてしまっていた衝撃がよみがえってきました。改めて、今回の震災の凄まじさを認識させる写真でした。

忘れてしまいたい記憶かもしれません。でも、忘れず後世に伝えていかなければならない事実でもあります。

|

« 【南三陸ボランティア/2011年11月】4日目-袖浜漁港 | トップページ | 【南三陸ボランティア】2011年の活動の総括 »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

アリーナの震災関連写真展、まだ続いていたんですね。
この2枚は特別です。私も撮影しました。他の人たちも撮影していました。
最初自分のHPにも上げたんですが、やはり消しました。(^^;
悩む所ですよね。

そう、私も同じ。震災後の姿しか見ていないのですよ。
(2008年のツーリングで通ったはずだが全く覚えていない)
これだけの街全体が一瞬にして消えてしまった・・・なんて信じられますか。
受入れねばならない現実を突きつけられたような気がしました。

人は「災害は忘れた頃にやってくる」と言います。
でも災害は「忘れずにまた来ます」と言っているのですよね。(たぶん)
つまり忘れてしまうのは人間の方なんです。
恐怖のBefore/After写真ですが残し伝えていきましょう。

投稿: 千葉のA | 2012年1月 4日 (水) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/53611514

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2011年11月】2枚の写真:

« 【南三陸ボランティア/2011年11月】4日目-袖浜漁港 | トップページ | 【南三陸ボランティア】2011年の活動の総括 »