« 【南三陸ボランティア/2011年11月】2日目-津の宮漁港 | トップページ | 【南三陸ボランティア/2011年11月】4日目-袖浜漁港 »

2011年12月18日 (日)

【南三陸ボランティア/2011年11月】3日目-廻舘エリア

[11月22日(火):3日目]

朝起きると、テントの外側がガチガチに氷結していた。(^^;
ラジオ体操の始まる6時半の時点で、気温は氷点下2度。最低気温は何度まで下がったのだろうか。この秋一番の冷え込みなのは間違いない。こんな中でキャンプ生活してるのも酔狂なことであるが、完全武装で意外と快眠できている。

0303_2

0304

σ(^^)は車で来ているので、テントやシュラフなどの装備を整えて来ているが、公共交通機関で来ている人には持ってこれる荷物に限りがある。VCではそういう人のために、テントのレンタルも行っているのだが、、、あのレンタルテントでこの時期過ごすのは可哀想だなあ。。。
(フライシートがないタイプだし、耐水圧もそれほど高くなさそうだし、天井部のベンチレーターから風雨が吹き込みそうだし、、、どう見ても、冬場や悪天候時には厳しそう。自分でビニール袋など貼り付けて強化してる人もいたが。。。)

0306

0307

さて、今朝はイヌカイさん(横浜へ一時帰宅していた)からおみやげをいただいた。埼玉銘菓の「五家宝」。ありがとうございます。
埼玉県民へ埼玉銘菓をってとこがなかなかのチョイスだが、VCメンバーへのお土産の余りだろうから。。。と言っても地元の県の銘菓ってあまり食べる機会がないってのも事実。

「今日は廻舘(まわりだて)です」とチダさん。聞き覚えのある地名だったが場所が思い浮かばなかったので、VCテント内に貼られている地図で確認。志津川高校の周辺でその地名を見つける。そういや、志津川中の近くのファミマは廻舘店だったっけ。
ちなみに、漁港での砂利詰めはハードなので、なるべく連日にならないようにしているのだそう。

今日の現場リーダーは、昨日のハセガワさんと初めて見るゴトウさん。σ(^^)の車には3日連続となるT津さんが同乗。
事前に車を出しやすい位置に動かしておいたので、アリーナ前の道路に並ぶと先頭に。案内するリーダーより前になっちゃった。(と言うか、ハセガワさん、せっかく前に1台ぶん空けて停めたんだから前に出てよぉ)(^^;

現場は何のことはない、志津川駅前である。昨夕に来たコインランドリーも近い。駅前広場のロータリーへ車を駐車。。。ってσ(^^)は駅前広場だってわかっているが、知らない人には駅前だとは想像つかないかもしれないなあ。

この時期の瓦礫撤去系の作業は、今回の初日の伊里前もそうだったが、重機の入ったあとの場所で、表面近くに見えているガレキ等を拾い集めて分別するような作業で、わりと軽作業になることが多い。(がんばって掘り起こしていけば、いろいろなモノが埋まっているようだが、それをやっていてはキリがない感じ)
今回もそんな感じになるかと思っていたのだが、、、この場所には深さ2mほどの小さな川のような谷があり、そこの作業はハードだった。水平面ではなく谷の斜面では、見えているコンクリート片やら金属やらを掘り起こすと、また別のモノが見えてくるのでまた掘り起こして、、、という無限ループに陥る。おまけに谷底はぬかるんでいて足場も悪い。
埋まっているモノは、側溝のフタ。看板らしき金属板。雨樋らしき細長い金属板。大型の液晶TVモニター。。。数人がかりで周りを掘り進め引っ張り出す。昨日の砂利詰め以上にハードな作業だった。ほとんど曇り空の寒い日だったが、汗だくだく&腕パンパン。
こんな現場なので、どの程度の片付けをするのかにもよるが、かなり時間と人数を要しそうな感じだ。

それはそうと、冬時間となっているので、15時にはVCに戻るスケジュールになっています。それだと午後の作業は1時間~1時間半くらいしかなく、あまり効率的ではない感じ。また、今日のように寒い日には、休憩しているうちに身体が冷えてきます。
それならば、今は1時間とっている昼休みを45分(さすがに30分では短いか)にしたり、休憩時間も半分くらいにして、そのぶん休む回数をもう1回増やすとかしたほうが、活動しやすそう、と思うのはσ(^^)だけでしょうか。(^^;

さて、VCに戻って終了、、、となるのですが、戻ってきた後に現場リーダーの人たちが、使ったスコップやネコ車(一輪車)などの資機材を洗ってから片付けています。今日も同様に資機材を並べて高圧洗浄機で洗浄、、、と思ったら、それに使う発電機を他の現場へ持って行ったようで洗浄機が使えない模様。で、どうするかと見ていると、なんと一つ一つ手洗いを始めました。そりゃ大変だ、と手伝いに入ります。他の一般ボランティアの人も何人か手伝ってくれました。うー水が冷たいなあ。(^^;
(夏の朝の氷詰めの方が冷たいけど、あれは気持ちよかったからなぁ)

 

夕食準備で、相変わらずお湯を沸かして、レトルトごはん、レトルトカレー類などなのですが、夏場と違ってごはんの温めが不十分でパサパサ感がある感じ。仕方ないか、と思っていたのですが、、、文明の利器がありました。アリーナのロビー、TVのそばに電子レンジが設置されていて使えるようになっています。これでレトルトごはんを温めれば、短時間でほくほくになりました。(^o^) 文明の利器とアリーナの配慮に感謝です。

この日は、夜も曇っていて星空が見えず、ちょっと残念。

こうして、3日目が終わりました。

|

« 【南三陸ボランティア/2011年11月】2日目-津の宮漁港 | トップページ | 【南三陸ボランティア/2011年11月】4日目-袖浜漁港 »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

冬山テント生活では寒さを利用して便利なこともあります。例えばテントの中でお湯をこぼして濡れたマットを外に出しておくとすぐ凍ってしまいます。そこでパンパンと氷を払い落とせばきれいになる。煮炊きによって溶けて濡れたテントも放っておけば凍るので簡単に払い落とすことができます。ところで巨大ブルーシートテントは残っていましたか?

私はいまだにどこが志津川駅なのかわかりません。周辺を何度も走り回ったにも関わらずです。ハセガワリーダーは誰が実質的なリーダーかわかっていたので車を後ろに止めたのでしょう。(笑)

アリーナの電子レンジは前回の私のレポートに書きました。だから当然知っていると思ってました。冬は本当に助かりますよね。これだからベイアリーナ依存症になってしまうんですね。

投稿: 千葉のA | 2011年12月19日 (月) 08時42分

>千葉のAさん
すっかりレスが遅くなりました。m(_ _)m なおかつ、更新も進んでませんし。。。(^^;

お尋ねのブルーシートテントは残ってなかったです。おそらく強風の日が多くなり撤去されたのでしょう。

志津川駅の跡は歌津駅や清水浜駅と比べると平地にあるぶん、わかりにくいですね。駅前広場の跡地へ立たないと気付きにくいかも。
鉄道好きのσ(^^)は初めて志津川に着いた日に駅を訪ねて、その光景に声を失いました。

アリーナの電子レンジはレポにありましたね。今回の初日に存在には気付いていたものの、コンビニ弁当を温めるような用途しか思い浮かばず、σ(^^)には無縁だと思い込んでいた感じです。(^^;

投稿: たなかつ | 2011年12月27日 (火) 01時46分

>なおかつ、更新も進んでませんし。。。(^^;
2011年のキャッチコピー
「今年の仕事、今年のうちに」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
復興もそう願いたいですねぇ。
まだ少し時間がありますから引き続き楽しみにしてます。

投稿: 千葉のA | 2011年12月27日 (火) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/53486410

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2011年11月】3日目-廻舘エリア:

« 【南三陸ボランティア/2011年11月】2日目-津の宮漁港 | トップページ | 【南三陸ボランティア/2011年11月】4日目-袖浜漁港 »