« 【南三陸ボランティア/2011年11月】1日目-伊里前エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア/2011年11月】3日目-廻舘エリア »

2011年12月15日 (木)

【南三陸ボランティア/2011年11月】2日目-津の宮漁港

[11月21日(月):2日目]

6時頃にテントから出て車へ。フロントは氷結している。湯たんぽの残り湯(といってももう冷たいが)をかけて溶かす、、、がすぐに再氷結。(^^;

朝食用にお湯を沸かし始めるが火力が弱くて時間がかかる。
そのうち6時半になるとラジオ体操だ。長期ボランティアの人たちを中心に輪になってやっている、、、というのが前回の印象だったが、今日は3~4人しかいない。それでは見た目からも寂しいので車から離れて体操の輪に加わる。。。手袋をはずしていたので手が冷たかった。(^^;
その後、持ってきた簡易な温度計を出してみたところ、2度くらい。埼玉だと真冬だな。と思ったら、みぞれが降ってきた。こりゃ寒いはずだ。

8時半前からVCのテント前をうろついていたら、前回の時に顔と名前を覚えられてしまったリーダーのチダさんが、「今日、津の宮で砂利詰めに入ってますがいいですか? 他もまだ空きがありますが」と声をかけてくれる。(こういう打診?ってアリなんかな、、、ってのはおいといて(^^;)
この砂利詰めがかなりの重労働とは聞いてはいるものの、仕事は選ばない主義でもあるし、一度もやってないうちから「それはちょっと…」とは言うつもりはない。(^^;

その後、これまた前回までに顔と名前をすっかり覚えられてしまったイヌカイさんも顔を見せる。(昨日まで短期帰宅していたらしい)
「あれ、いつから来てるんですか?」 「昨日から」
「今度は2ヶ月くらいいるんですか~(笑)」 「そりゃムリだよ(笑)」
というような感じ。いまは秘密の?活動中らしい。。。

集合時間となり、チダさんから注意事項の説明と2人の現場リーダーの紹介。ハセガワさんとコマツさん。なぜかこの紹介で笑いをとっているリーダーたち。(でも相変わらずチダさんは自分の紹介はしないし)(^^;
平日はボランティアの人数が激減していると聞いていたが、今週は祝日があって遠方から来やすいのかσ(^^)もそうである結構な人数が集まっている。
σ(^^)の車の同乗者は、昨日に引き続いてのS田さんとT津さん。それに埼玉のW山さん。

今回の作業場所、津の宮漁港は戸倉地区。前回活動した波伝谷、戸倉神社を過ぎ、前々回活動した自然の家を過ぎてしばらく進んだ先となる。以前に活動した場所のそばを通るとやっぱり気になりますね。前より少しは片付いたかな、と思う一方、まだまだ進んでないなあ、という思いの方が強かったかな。

今回の作業内容は砂利詰め。養殖用イカダにつかう重りとなる土嚢を大量に作るという作業である。手順はリーダーのハセガワさんが実演してくれたが、それほど難しくはない。ひたすら土嚢袋に砂利を詰めて袋の口をヒモで縛るだけ。場所ごとに(もしくは漁師さんごとに)縛り方が異なると聞いていたが、ハセガワさんが示してくれた方法はかなり簡単だった。まずヒモの長さを揃えて固く一結び。次にヒモ2本束ねて一結び。あとはヒモの端も一結びして完成。この土嚢を5個セットに置いておくと、漁師の人がフォークリフトで運んでいく。

σ(^^)は同乗してきたW山さんと二人一組になって作業開始。片方が土嚢袋を押さえて持ち、もう片方がスコップで砂利を詰め込んでいく。漁師の方から、砂利の量や結び目の位置など細かなチェックも入るが、コツを教えてもらうと結構順調にできる。だけど体力的にはやはり大変で、腕、肩、足腰に(元々、腕、肩、足腰が痛いってのもあるのだが…(^^;)効いてくる。そして握力もなくなってきて、スコップを握るのが辛い。土嚢のヒモを縛るのが辛い。。。(^^;
曇り空で気温は6度くらい。冷たい風が強く吹き付けてくるので体感気温としてはぐっと寒い。でも作業中は汗だくだくである。でも休憩時間になると数分後には汗が冷えて寒い寒い。この差が大きくて大変だった。

0207

0206

写真は、港のそばの高台からの津の宮漁港。
左写真の中央が砂利の山で、岸壁そばに積まれているのが作った土嚢。手前にはσ(^^)の車も写っている。(^^;
地盤が下がったこともあって、満潮時や波が高い時には岸壁まで海水が上がってくる。

0202

0203

また、σ(^^)は二人一組で土嚢作りしたが、一人でも作業可能なように土嚢袋を引っ掛ける枠もあった。これだと、自分のペースでゆっくり?作業できていいなあ、と見ていたら漁師さんが手伝って二人がかりでハイペースで砂利詰めし、結局ハードそうだった。(^^;

この日も2時過ぎで活動終了。道具を数えて車に積み、解散する前にリーダーのハセガワさんから「支援の輪を拡げていきたい」というような挨拶があった。そういえばこういうのって今までなかったなあ。締めの言葉って案外、大事だと思う。

 

VCに戻って、今日はまだまだ時間もある。
今日は身体が冷え切った上に汗だく泥まみれ。シャワーより風呂で温まりたい。車をホテル観洋まで走らせる。840円は少々高いのだがさらに遠くまで行く気力もなし。
2箇所ある浴室のうち、露天風呂のない方はガーラガラの貸切状態。たっぷり身体を温め筋肉痛防止のためによく揉んでおいた。

続いて、志津川駅(と言ってもなにもないけど)近くにオープンしたコインランドリーへ。まだ2日目ではあるが厚着していたので着替えもそこそこの量にもなったので洗濯しておこう。
9月に活動した頃、自分は行っていないが「コインランドリー前」と呼ばれる現場があった。その場所でつい先日にコインランドリーを再開させたという情報があったので、こういう所へは行ってみなければ。
その前に、観洋に向かう途中に見かけた「からあげ」の幟が気になり立ち寄ってみる。場所は志津川病院近くの橋の横。仮設ハウスで営業していた。11時頃から暗くなるまで(または商品がなくなるまで)の営業だそうでギリギリセーフ。メンチカツと白身魚フライを買う。これで洗濯待ち時間もOKだ。(^^;
コインランドリー「ランドリーム志津川店」は、志津川駅前広場からすぐ近く、洗車場併設で6時~21時の営業。4種類の容量の洗濯機が並び、一般的(9kg)なのは\400。洗濯時間は30分で洗剤や柔軟剤は不要(自動的に加えられる)なので便利。大容量(28kg)の機種だと布団や毛布も洗えるようだ。
乾燥機も容量別に数台あり、一般的なのは10分で\100。量が少ないのと乾きやすい素材だったこともあるが、20分ですっかり乾いた。
周囲に民家は残っていないのだが、それなりにお客さんも来ていて何よりである。

アリーナ駐車場に戻って夕食。昼間の冷たい風がおさまったので、昼間よりむしろ暖かく感じる。
VCテント周辺を徘徊しているネコが近寄ってきてニャ~と鳴く。食べ物が欲しいのだろうが残念ながらあげられる物はない。このにゃんこ、人に慣れすぎである。車の屋根から開けてあるリアのドアに登ってニャ~。さらには、火のついたカセットコンロの脇に上ってニャ~。って、危ないってば。(^^;

就寝までの暖をとりにアリーナへ。
ここで、コマツさん、イヌカイさん、チダさんなどがいて、しばし談笑。イヌカイさん、何かの本を読んで勉強中だったようだが隠して見せてくれなかった。(^^;

こうして、2日目が終わる。

|

« 【南三陸ボランティア/2011年11月】1日目-伊里前エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア/2011年11月】3日目-廻舘エリア »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

養殖再開に向けて頑張ってますね。「まだ空きがある」ってことは人が足りないってことかな。長期の人たちの中には腰を痛めた人とかいないのかな。私も砂利土嚢作業経験者ですが・・・。この砂利詰めですが、私の感触では4人一組の時が最も効率が良かったです。スコップ(2)、袋担当(1)、縛り(1)、これだと一気に10袋まで短時間で完成し、漁師さんを驚かすことができます。縛りの作業が遅れるので残りを全員で行い、周辺に散らばった砂利を掃き寄せながらフォークリフトに積み込みながらプチ休憩し、役割を交替して次に向かう。これをリーダーの休憩の合図があるまで続ける。リズムに乗るとつい「ハイ」になってきてその結果後で地獄を見ることになりますけど・・・(^^;

コインランドリーの話は普通の街の様子にも聞こえますね。周囲の光景は全く違うのに。猫といえば白いやつがおなじみでした。赤い首輪だったかな。あいつは人懐こくなかったです。非常に警戒心が強く深夜にテン場をうろついて餌を探していました。夜のアリーナは癒されますね。和やかですね。寒くなると本当に天国でしょう。

最近2度ほどマラソン大会の支援に行っています。その時常に「がんばっぺ南三陸町」Tシャツを着て作業しています。ボランティアには行けませんが忘れていませんよ。

投稿: 千葉のA | 2011年12月15日 (木) 08時40分

>千葉のA井さん
砂利詰め、途中でスコップの持ち方を左右変えてみました。当然立ち位置も変わるので最初はあれれって感じでしたが、変に力が入らず意外にもやりやすかったりしました。機会があれば(^^;試してみてください。

投稿: たなかつ | 2011年12月18日 (日) 02時20分

砂利詰めに限らず通常の土嚢袋作業でも左右変えることはよくやっています。前回の砂利の前、民家の裏庭に押し寄せた土砂崩れ対応や4月の千葉市内の液状化家屋対応でもでさんざんスコップ使いました。その時も同じです。ところでその砂利詰め作業ですが、続けているうちにどんどん速くなっていく(ハイになる)ってことありませんか。土嚢のバケツリレーでも何故かだんだん速くなっていき、どこかで限界が来てストップする。そして全員で大笑いする。妙な現象です。

投稿: 千葉のA | 2011年12月18日 (日) 07時11分

ハイになる、、、ってほどではないのですが、最初に□個やったらスコップと袋を交替しようって決めておいても、やってるうちに数がわからなくなって勢いのままハイペースでやり続けてるってのはありました。で、疲れてきて、あ、交替忘れてた。(^^;という感じで。(笑)

投稿: たなかつ | 2011年12月18日 (日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/53462495

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2011年11月】2日目-津の宮漁港:

« 【南三陸ボランティア/2011年11月】1日目-伊里前エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア/2011年11月】3日目-廻舘エリア »