« 【南三陸ボランティア/2011年8月】6日目-ベイサイドアリーナ | トップページ | 【南三陸ボランティア/2011年9月】南三陸町、再び »

2011年9月 5日 (月)

【南三陸ボランティア/2011年8月】生活編 (9/26追記あり)

6日間、南三陸町にいたわけですが、その生活について。

準備関係やその他の本文にも少し書いてますが。

(第2回の4日間もふまえて少し追記しました)

 

○宿泊
  ・初日の前夜は夜間走行。若いな。(^^;
  ・初日と2日目は道の駅・津山へ移動して車中泊。
  ・3日目~5日目はテントサイトにソロテント設営。

 夏場なので日中は猛暑であるが、日が沈むとけっこう涼しい。
 車中泊では、2-3列目をフルフラットにして寝たが、若干の凹凸が背中に当たって寝にくかった。よく考えたら以前は銀マットを敷いていたっけ。窓は虫が心配なので全開にはできないが数センチ(バイザーぶん)開けておくとそれなりに涼しい。その窓に銀マットを貼り付けて照明の光を防ぐ。
  テントは引き綱が1本足りず(どこへ紛れ込んだのか…)別のヒモで代用。車にあれこれ積んでいてよかったなあ。あと、空気で膨らます枕が空気漏れで使えず。
  テントサイトが混んでいるので隣のテントとの距離が近い。なので話し声とかいびきとか聞こえてくる。こういうのが気になる人もいるだろうなあ。(σ(^^)の場合は気にはしないが元々寝付きが悪い(^^;)

(追記)
 9月の時には、テントサイトが増えていました。9月9日分にも書いたとおり、今回は役場仮庁舎側のサイトにテント設営。周囲に民家がないのでちょっと気楽です。
ただし、駐車場も近いので、夜中に到着してテント設営する人も。まあ夜中に設営するのは構わないのですが、声高に話しながらテント設営する人もいて、それはちょっとなぁ。。。
夏休みが終わって人も少なくなっていることもあって、テントサイトには余裕があります。隣のテントとの距離が気になることもありませんでした。もっとも、テントにいたのは夜中の睡眠時間だけでしたが。

 

○食事

・水。ペットボトル2L×12本持っていたが使ったのは半分の6本。
 朝夕の食事に使ったものと、飲用。飲用は2Lのペットボトルの水をほんの少し減らしてから、粉末ポカリを1袋入れよく振って混ぜたもの。本来は1Lの水に粉末1袋なのだが、それだとちょっと濃いので約2倍に薄めている。

(追記)
9月の時は、2L×6本と500ml×24本。使ったのは2L4本だったか。
ボラセンや活動場所でもらえるものも有効活用しています。そのぶん、余った500ml×24本は寄付。冷たく冷やした水をもらって代わりに新しい水を置いてくるという需給関係でしょうか。(^^;
夏は水、お茶、ポカリなど冷たいもの中心でしたが、今回は熱いお茶やコーヒーも。

・レトルトパックのご飯とカレー
 鍋とシングルバーナーでお湯を沸かして温めるだけ、簡単調理である。ご飯パックを開けて右半分のご飯を左半分の乗せ、右でできた空間にカレーを流し込む。全量は入らないので食べながら追加していく。これなら食器不要。ゴミも最小限。
 洗い物もスプーンだけなのでお湯で洗ってキッチンペーパーで拭き取り。あとはアルコール除菌ペーパー。

001

002

・インスタントラーメン。
 カップ麺はかさばるしゴミも多いので袋麺。素ラーメンでは寂しいのでスーパーで1/4カットのキャベツと自宅にあった魚肉ソーセージを持って行って入れてみた。ついでに行きのSAで買った燻製玉子を添えるとそれなりである。
 鍋がそのまま食器となり、スープは飲みきり。鍋洗いは少量の水を入れてキッチンペーパーで拭き取り。

003

004

※ボランティアセンターの駐車場で周りを見ていると、カップ麺の残り汁などを平気で側溝に捨てている人たちも多い。それも長期で来ているような感じの人に多いような印象があった。うーん、、、という感じ。(でも注意できない気弱なσ(^^;;

・野菜不足は一目瞭然なので、紙パックの野菜ジュースも毎食1本。

(追記)
9月の時は、日数が短いこともあって、ご飯パックとレトルトだけにしました。でもカレーだけだと飽きるので、シチューとか牛丼とか。
それから行きのSAで買った温泉玉子。カレーや牛丼に乗せて、トロ~リ感を楽しみにしていたのですが、半熟玉子ではなく温泉玉子なので、、、黄身が固まってるんですよね。美味しかったけど、ちょっと想定外でした。(笑)

 

○ゴミ

ゴミは持ち帰り、、、という原則もありますが、分別してベイサイドアリーナのゴミ置き場に出すことができました。テントや車の中に置いておくと臭いが心配なのでこれは助かりました。(ボランティアを同乗させて移動しているのでゴミ臭の車内じゃちょっと…)
ボランティアは自己完結が原則ですが、震災から5ヶ月経った時期ではライフライン等も復旧してきているので、そういうのを有効活用してもいいでしょう。もちろん、ゴミは最小限になるように工夫しています。

(追記)
9月の時は、ベイサイドアリーナで合同慰霊祭がある関係で、土日はゴミを出さないようにとの張り紙が出ていました。なので4日分をまとめて月曜に朝にゴミ出し。
もっともゴミは最小限にしているので、4日間で燃えるゴミはコンビニ袋1つ分だけ。

 

○トイレ

テントサイトに仮設トイレが2つとボランティアセンターのテント脇に仮設トイレが数個。これは24時間使える。
そのほかに、ベイサイドアリーナが開いている時間帯ならその中にある水洗トイレが利用可能。ここには水道もあるので、概ねこちらを利用させてもらった。

(追記)
9月の合同慰霊祭の当日は朝からカメラも回っていたので、アリーナには近づけず仮設へ。

005

活動場所では、、、歌津中学校は当然トイレがある。津龍院は仮設トイレが設置されていた。自然の家は草刈りする場所にはなにもないのだが、幸か不幸か、暑さで汗をいっぱいかくのであまりトイレに行きたくなることはなかった。(^^;

 

○風呂

初日はちゃんとした風呂に入りたかったこともあって、南三陸町内の観光ホテル「観洋」で日帰り入浴させていただいた。温泉汲み上げが復旧していないとのことで800円。ちょっと高いが仕方ない。未確認情報ではあるが、ボランティアの人は無料になるという噂を聞いた。ホントの話なら損したなぁ。でも地元でお金を使うのも大事。

2日目は、給油と携帯充電を兼ねて、登米市内にある「長沼温泉ヴィーナスの湯」へ行ってきた。夕方以降は400円と安いのが嬉しい。ただ片道1時間近くかかるのが難点。

3日目以降はシャワーを利用。ベイサイドアリーナはスポーツ施設なのでシャワー室があり無料で利用できる(19時までだっけ)。
また、アリーナ脇の屋外にも仮設シャワーが設置されていて無料で利用できる。最初は脱衣所もなくむき出しで置かれていたが、ボランティアがテントとブルーシートで脱衣所を設置して利用しやすくなった。

006

(追記)
9月の時は、アリーナが合同慰霊祭で制限されていることもあって、外のシャワーを使うことの方が多かったです。
手前側が男性専用、奥側が男女兼用(女性優先)となっていますが、ブルーシートの囲いはあっても、女性には少々抵抗があるだろうなあ。。。
また、どちらも入っている時は「入浴中」の札を出しておくのですが、男女兼用側は札が出ていると男だか女だかわからないので誰も入れなくなってしまいます。(どちらも3つずつシャワーBoxがあります)

また、ローソンの裏手(ドコモの近く)に仮設浴場ができていました。ちょっと覗いてみたところ、男女別に浴槽1つ(ユニットバスみたいな)が置いてあり、自分でその都度お湯を張るようなシステムのよう。利用料は100円だったかな。
これなら無料シャワーで十分だし、近隣の人も使うのかも、と思い遠慮しておきました。

 

○洗濯

洗濯しなかったんだよなあ。車だったし1週間だけだったので日数分の着替えを用意しました。
長期の人などは、シャワーでざっと洗ってテントの外に拡げて乾かしてる人もいたっけ。

(追記)
オープン日はわかりませんが、アリーナ近くの仮設住宅近くにコインランドリーがオープン間近という感じでした。

 

○携帯電話の充電

ボラセンから徒歩圏内にドコモショップが仮設店舗で営業しているようで、ドコモの人はそこで充電サービスが使えるようです。
σ(^^)は車で充電していました。携帯充電くらいならエンジンかけなくても十分です。

 

○ガソリンスタンド

前述のとおり、登米市内まで行きましたが、津波で被災した街中でも営業再開している所がありました。値段その他詳細は未確認。

 

○お店など

ボラセンから徒歩圏内には、仮設店舗のローソンがあります。朝7時から営業。
国道45号線を街へ降りていったところに、セブンイレブンも営業始めました。6時半からかな。また国道398号線を登米方面に進んだところにファミリーマートもありました。
仮設でも品揃えは普通です。弁当やお酒も買えます。コンビニはこういう時には強いようです。

007

また、ボラセンから徒歩圏内に生鮮食料品を売るお店がオープンしました。

さらに、津波で被災した街中で営業再開しているお店もいくつか。
1つは役場があった近くにテント張りで営業している果物屋さん。桃、ブドウ、梨などが並んでいました。値段は少々高めに感じましたが、こういうのは値段じゃない。この状況下で営業再開した心意気がいいです。とりあえず梨を購入して夕食後に食べました。(^o^)
もう一つは、海岸近く。満潮時には道路が冠水するような場所にユニットハウスで営業するタバコ屋を発見。パンやジュース、お酒なども売っています。こういうのを見つけたらコンビニよりもこちらです。2日間、自然の家から戻る途中に寄ってお酒を買ってました。

008

○余震

そういえば、6日間いたけれど地震は感じなかったなあ。
ないわけじゃなかったんだろうけど、やばいと思うものはなかった。
ニュースで入ってくるのも福島や茨城方面が多かった印象。

 

                    (何か思い出せば追記します)

|

« 【南三陸ボランティア/2011年8月】6日目-ベイサイドアリーナ | トップページ | 【南三陸ボランティア/2011年9月】南三陸町、再び »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/52651371

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2011年8月】生活編 (9/26追記あり):

« 【南三陸ボランティア/2011年8月】6日目-ベイサイドアリーナ | トップページ | 【南三陸ボランティア/2011年9月】南三陸町、再び »