« 【南三陸ボランティア/2011年9月】4日目-旭ヶ浦エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア】関連サイト、参考にしたサイト »

2011年9月26日 (月)

【南三陸ボランティア/2011年9月】炊き出しボランティア

自分が行った9月9日から、ボランティアセンターのテント横に、カフェレストランがオープンしました。
岡山県から来た、炊き出しボランティアで10月5日までとのこと。

炊き出し、、、本来は仮設住宅などにいる被災者向けなのでしょうけれど、ボランティアの方もどうぞ、という姿勢でしたので、ありがたく利用させていただきました。

外観はこんな感じ。テントとブルーシート造りとは言え、1ヶ月間オープンしているので、それなりにしっかりした造り。内部は靴を脱いであがる座敷スタイルでした。

001

002

003

「全品10円」の文字が見えます。もちろん、後援する団体があるわけでしょうけれど、「全品10円」の価格設定に心意気を感じます。

こちらが、初日のメニュー。

011

012

一番右端にある「生ビール」に注目です。これも10円とのこと。
岡山の地ビール「吉備土手下麦酒」だそうで、美味しかったです。

013

014

こちら、唐揚げとハンバーグです。これもそれぞれ10円とのこと。うーん、いいのか。

ここでは、被災して今は仮設住宅で暮らしている方と話をしました。
今日は何をと聞かれ、中学校で運動会の準備をと言うと、「ありがとうございます」と丁寧に御礼を言われてしまい恐縮します。それほど大したことをしているわけじゃないのに。。。
震災の時は仕事場にいて無事だったそうですが、自宅は流され家族も行方不明とのことで、、、どのような言葉をかければいいのか、私にはわかりませんでした。

で、話は戻って生ビール。この方が何杯目かの麦酒を注文しましたが、在庫切れに。すると近くのコンビニまで缶ビールを買いにいっていると。コンビニで買ってきたビールを10円で売るって何なんだろうなあ。(^^;;;

しかし、そうこうするうちに「行政指導があって、お酒の販売はできなくなりました」という店員のお話がありました。。。
お酒の持ち込みはどうなの?持ち込み料は払うよ、という声も出ていましたが、販売しているのと区別がつかないので、、、とのこと。
ということで、ここでお酒が呑めたのは初日だけでした。結果として貴重な地ビールが飲めましたが、とても美味しかったです。

 

さて、翌日土曜日もこちらへ来ました。
メニューを見ると、ビールの文字が消えています。ちょっと残念ですが仕方ありません。
食事メニューを見ると、昨日とちょっとだけ変わっています。基本食材は変わってないけどアレンジを変えてあるという感じ。メニュー変わるんだね、と聞くと「飽きるじゃないですか」と笑顔で答えられます。

015

016

この日は、なんとかパスタ(失念)とササミ春巻。
店内は照明不足で夜になると薄暗いので、今夜は自前の手回し充電式LEDランタンを持参。

お酒がダメになったことで、、、駐車場までテイクアウトして食事(酒盛り?)している人もそれなりにいるようでした。σ(^^)は食事後に、車に戻って缶チューハイ。

 

日曜日はお休みということで、最終日の月曜日、帰路につく前のお昼に3度目の訪問。

017

なんとかパスタ(失念(笑))です。
で、この日から「10円」の文字が消えました。
またしても、「行政指導」があって、10円とはいえ代金を取るのはボランティアにならずにダメとのこと。なので、基本は無料で、強制ではないが気持ちだけ寄付を、というスタンスになっていました。

ビールの時といい今回といい、行政というものはやることが固くていけません。でもまあ、それが行政というもので、定められたルールに基づいてやるのが行政のあるべき姿なのかもしれません。(最近の「国民感情が許さないだろうから」という法治国家とは思えない理由付けで政治の方向性を決めてします政治家よりは、行政のありかたとして間違ってないのかもしれません。)

定価ではなく、気持ちということになったので、初日のビールの御礼もふくめて、気持ち多めに置いてきました。(それでも全然安い金額ですが)

というわけで、オープン直後の3日間しかわかりませんが、その後のここはどうなったのかな。

|

« 【南三陸ボランティア/2011年9月】4日目-旭ヶ浦エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア】関連サイト、参考にしたサイト »

被災地復興支援」カテゴリの記事

コメント

レストランは基本的にそのままです。2回行きました。基本的に無料、でも気持ちだけの寄付というのは心理的に抵抗があり、なかなか行けなかったです。最終日の10/5は当日一緒に砂利詰めしたチームが集まって賑やかになりました。真実はわかりませんが近くの居酒屋からクレームがついたとかいう噂も聞きました。営業妨害になりますよね。だとすれば行政指導が入る理由もわからないでも無いです。

投稿: 千葉のA | 2011年10月 6日 (木) 23時10分

>千葉のAさん
たしかに、近隣で飲食店を経営する人たちから見たら微妙な存在ですね。
でもまあ、そのクレームで有料から無料になったのならそれも微妙そう。。。

投稿: たなかつ | 2011年10月 9日 (日) 01時07分

無料ではありますが「気持ち」と言われると心情的にお金を入れたくなります。私の場合料理1品に100円程度入れていました。こういう心理的な効果が考えられます。またお酒が一番問題だったと思います。静江館もそうですが、そこでお酒が飲めないと入店しない傾向があります。そして短期の営業だったことでこの程度の行政指導で済んだのではないか、と考えています。

投稿: 千葉のA | 2011年10月10日 (月) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/52837732

この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸ボランティア/2011年9月】炊き出しボランティア:

« 【南三陸ボランティア/2011年9月】4日目-旭ヶ浦エリア | トップページ | 【南三陸ボランティア】関連サイト、参考にしたサイト »