« 【競馬2010】今週はダービーだ(5) | トップページ | 【群馬県】万座温泉「松屋ホテル」 »

2010年5月29日 (土)

【群馬県】万座温泉「日進館」

ここ4ヶ月ほど、仕事が忙しく疲労蓄積モードに。仕事がひと段落したこともあり久々に休暇を取って温泉へ行くことにした。
地元の日帰り温泉施設には時たま行っているが、久しぶりなので、ちゃんとした(?)温泉に入りたい。ぬる湯ののんびりくつろぐと言うのも捨てがたかったが、やはり濃い硫黄泉に惹かれて万座温泉をめざすことにした。

万座を目指したのには、たまたま持っていた温泉博士の無料入浴手形に万座の宿が2つ入っていたこともある。
温泉博士って以前は九州だけだったし無料入浴も数軒だけだったと思ったけど、今や全国区になって無料入浴できる施設も劇的に増えたんだねぇ。まあ、取り上げられる施設のジャンルの守備範囲が幅広く、σ(^^)好みとは方向違いな施設も多いんだけど…(^^;

というわけで、万座に向かったわけだが、、、遠かった。(笑)
最近はあまり出かけていなかったので、イマイチ距離感を忘れていたようだ。午前中には着けるつもりで家を出たのだが、結局、万座に付いたのは正午過ぎ。草津までは好天だったが、高度が上がると霧の中に突入。高所と天気のおかげで肌寒いくらい。

手形は、万座プリンスと日進館だったが、プリンスの方は何度も入っているので、久しぶりに日進館の方に入ることにした。
「万座温泉ホテル」と言った方が通りがいいかもしれないが、今は万座温泉 日進館がホテルの正式名称で、万座の老舗でもある。

001

玄関を入るとロビーがあり、平日昼間だというのに結構な賑わい。フロントは奥まったところにあるので少々わかりにくいかも。対応は丁寧で、温泉博士の手形にスタンプを押してお風呂の場所を説明してくれる。

日帰り入浴で入れるのは、大浴場「長寿の湯」と展望露天風呂「極楽湯」。まずは長寿の湯へ向かう。

003

004

木造風の浴舎がいい感じです。
内湯には4つのゆぶね、露天には2つのゆぶねがあります。まずはメインの「苦湯」から。白濁の硫黄泉が身体を包み込みます。うん、温泉はいいね。(^o^)
源泉が高温のため加水しているとあり、入りごろな湯温です。その影響かもしれませんが、お湯もマイルドな感じがします。
隣にある「姥湯」は加水なしとなっていますが、入ってみると意外にもぬるくて、また若干薄い感じがあります。そのぶん長湯向きとも言えます。

万座温泉のお湯ってもっと熱く濃く、パンチの効いたお湯だった思いましたが、大きいホテルだと、どうしてもこういう万人向けのような感じのお湯になってしまうんでしょうかね。

続いて露天風呂「極楽湯」へ。いったん服を着てホテルの玄関から外へ出ます。

002

少し歩いたところに露天風呂の入口があります。
晴れていれば展望が良さそうですが、この日は霧の中でせっかくの展望が利きません。
こちらのお湯も加水していて、ややぬるめ。まあ露天風呂はそういうのでもいいのかもしれません。のんびり入れて気持ちのよい露天風呂でした。

|

« 【競馬2010】今週はダービーだ(5) | トップページ | 【群馬県】万座温泉「松屋ホテル」 »

温泉&銭湯♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/48487392

この記事へのトラックバック一覧です: 【群馬県】万座温泉「日進館」:

« 【競馬2010】今週はダービーだ(5) | トップページ | 【群馬県】万座温泉「松屋ホテル」 »