« 【競馬2010】オークスの予想 | トップページ | 【競馬2010】今週はダービーだ(2) »

2010年5月24日 (月)

【競馬2010】今週はダービーだ(1)

今週は日本ダービーである。

まあ、それだけで月曜から騒ぐこともないのだが、なんと言っても今年のダービーは好メンバーが揃った。

よく、「戦国ダービー」というような言葉が使われるが、今年のダービーにはそれは当てはまらないと思う。
「戦国ダービー」と言うと中心馬不在の混戦模様のイメージがあり、下克上のように思わぬ伏兵が台頭するイメージもある。
しかしながら今年は、有力と思われていた馬が前哨戦でそれぞれ強い勝ち方をしてダービーに駒を進めてきた。今年のダービーは中心馬不在ではなく有力馬同士の「頂上決戦」という表現がふさわしい。そしてその有力馬が1頭2頭ではないところが面白いところだ。

というように、今からレースが楽しみな状況なので、月曜からあれこれ書いてみよう。

まずは、ヴィクトワールピサ。言わずと知れた皐月賞馬である。

デビュー戦こそ2歳王者となったローズキングダムに負けたものの、その後2000m戦を5連勝。皐月賞も2着以下に力の差を見せつけた完勝だった。

実績的には頭ひとつ抜け出した存在であり、通常であれば大本命馬である。有力馬が何頭もいる今回のダービーでも1番人気が予想されるし、そうでなければオッズ的におかしい。

今回、2400mの距離も府中コースも初となるが、これまでの内容から問題はないだろう。
血統的にも、父は皐月賞・ダービーの二冠馬ネオユニヴァース。初年度産駒から皐月賞馬とダービー馬を輩出し、二年目産駒からはこの馬自身が皐月賞を制していて実績十分の血統である。母父はスピード系の印象が強いが、母系に入っている他の種牡馬から心配するほどではないだろう。

速い時計がないのが少々引っ掛かるが、たまたまそういう馬場状態やレース展開に当たらなかっただけで、マイナス材料とは言えないだろう。

データ的には、σ(^^)が競馬を見るようになってから、皐月賞を1番人気で勝った馬がダービーに出走した場合、全て1番人気となり、全て勝っているというデータがある。
シンボリルドルフ、トウカイテイオー、ミホノブルボン、ナリタブライアン、ネオユニヴァース、ディープインパクト。
ヴィクトワールピサはこれらの偉大な先輩に続くことができるだろうか。

|

« 【競馬2010】オークスの予想 | トップページ | 【競馬2010】今週はダービーだ(2) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/48451291

この記事へのトラックバック一覧です: 【競馬2010】今週はダービーだ(1):

« 【競馬2010】オークスの予想 | トップページ | 【競馬2010】今週はダービーだ(2) »