« 【競馬2010】高松宮記念 | トップページ | 【将棋】コンピュータソフトがプロ棋士に挑戦状 »

2010年4月11日 (日)

【競馬2010】桜花賞の予想

【予想】

  ◎3番:アプリコットフィズ
  ○17番:シンメイフジ
  ▲7番:タガノエリザベート
  △16番:ラナンキュラス
 

これは金曜夜の時点での予想です。レース発送までに気が変わるかも。

さて、桜花賞。毎年書いているかもしれませんが、自分のけっして短くはない競馬歴の中で、一度も馬券を的中させたことのない数少ないGIレースです。一番惜しかったのがエルプスの時、、、って何年前だよっ。(この時は予想自体は当たってたけど都合により馬券は買ってなかったんだよなあ)

そんなわけで、「今年こそは!」と思うのだが、だからといって、ただ当てにいくような買い方はせず、いつも通りの姿勢で臨みます。

◎はアプリコットフィズ。阪神コースは未経験ながら、デビューから3戦全てマイル戦に出走して2勝とクビ差2着。3戦全て1分34秒台で走っているのも優秀である。好位差しができる馬が好枠を引いたし、ノリに乗っている横山ノリが鞍上ってのもプラス。馬体が減ってなければいいなあ。

2歳女王のアパパネは迷ったけど軽視。大崩れしないタイプだと思うが何か物足りない感じ。桜花賞を勝つような馬は新馬戦で勝ち上がってほしいものです。
また前走のチューリップ賞が重馬場になったのがなんとなく悪影響しそうで、チューリップ賞組はまとめて軽視することにする。

そんなわけで、○はシンメイフジ。フラワーCの敗戦で今回は人気を落としそうだが、デビューから阪神JFまで4戦連続で1番人気となった素質馬である。毎度のように出遅れているが、そのぶん強烈な末脚は侮れない。

▲はタガノエリザベート。前走2200mのOP特別という異質なローテーションだが、阪神JFでは最後方からアパパネを上回るメンバー.1の上がりタイムで小差6着まで追い込んでいる。
直線勝負に徹すれば面白い1頭。

△はラナンキュラス。良血馬らしく、ちょっとひ弱な印象もあるが、ファレノプシスは好きな馬だったので押さえておく。

今回の桜花賞は、混戦乱戦模様で有力馬も多いのだが、あまり手を拡げても仕方がないのでこの4頭とする。

馬券は、現時点ではオッズの予想もつかないのですが、馬連ながしを視野に入れつつ馬連Boxが中心になると思います。

 

《レース後の追記》

う~ん、完敗だな。
道悪だったからと軽視したチューリップ賞組上位4頭で1~4着を占められてしまった。
勝ったアパパネは、向正面では口割って横向いて走ってて、こりゃないなと思ったのに、勝ってしまうあたりサスガ2歳女王である。しかし、この気性で距離延びてどうかな。

σ(^^)の本命アプリコットフィズは絶好の位置取りと展開と思ったが、直線で案外伸びなかった。最後の瞬発力の差が出た感じか。次は馬体が増えているといいなあ。

シンメイフジも一番の上がりタイムで伸びているが、いかんせん前残りの展開では不発。

それはそうと、アパパネの国枝師とアプリコットフィズの小島太師が並んで観戦してる映像はなかなか面白かったなあ。

|

« 【競馬2010】高松宮記念 | トップページ | 【将棋】コンピュータソフトがプロ棋士に挑戦状 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/48042707

この記事へのトラックバック一覧です: 【競馬2010】桜花賞の予想:

« 【競馬2010】高松宮記念 | トップページ | 【将棋】コンピュータソフトがプロ棋士に挑戦状 »