« 転車台 | トップページ | スイッチバックの加速線 »

2009年11月15日 (日)

【競馬2009】エリザベス女王杯の予想

【予想】

  ◎5番:リトルアマポーラ
  ○8番:カワカミプリンセス
  ▲14番:ニシノブルームーン

 

予想のポイントは1番人気ブエナビスタの取捨だろう。

たしかに、3歳世代では最強馬だと思うし、古馬相手でも2キロもらってる有利さもある。ゆったり目のローテでまだ消耗も少なそう。。。ってことなら首位候補。。。なんだけどなぁ。
秋華賞予想でも書いたように、夏からの一連の流れが気に入らない。一度離れた「勝負運」ってのはそう簡単には戻ってこないものである。今回もバッサリと切り捨てる。

ならば古馬勢ということで、このレースと関連の強い府中牝馬Sに注目しよう。後方一気の展開がハマッた上位陣よりも、好位キープの苦しい展開の中で5~7着に踏みとどまった3頭に注目したい。

◎リトルアマポーラは昨年の覇者。それ以来、勝利から遠ざかっていて、牝馬限定のG3戦でも負けているのだが、、、GIレースの舞台となればGI馬の格と底力がモノを言う…はずである。
σ(^^)とは何かと相性の悪いルメール騎手ではなくスミヨン騎手なのも心強い。

○カワカミプリンセスは3年前の1位入線→12着降着。σ(^^)の応援していたヤマニンシュクルを故障させた馬であり、その後ずっと買ってなかった馬であるが、もう許してあげてもいいだろう。
この一件以来、「勝負運」に見放されたのか勝てなくなり過去の馬となりつつあるが、得意の2000m以上では牡馬一線級を相手に差のないレースをしている。最後にひと華咲かせるのならココしかないだろう。

▲ニシノブルームーンは春~夏の上がり馬。前走は休み明け+距離不足+展開不向きだったので、今回は試金石というよりチャンス十分と見る。

 

他の馬にも簡単に触れておこう。

まず3歳勢。ブロードストリートはここ2戦の激戦の反動が心配。ジェルミナルはマイル戦くらいの方がよさそうかも。ミクロコスモスはGIではまだ荷が重い。

続いて古馬勢。ムードインディゴの前走はハマりすぎだし2番利くタイプに見えない。メイショウベルーガの前走は鮮やかだが所詮準OPでありGIで同じ芸当ができるか疑問。

不気味さ漂う外国馬シャラナヤだが、日本の競馬場でやる以上は日本馬を応援したいものである。この馬にあっさり勝たれるようなら、ブエナビスタが遠征しても勝負にならなかったと思えるかな。

 

馬券は、馬連Boxを中心に。
また、印とは関係ないが、もう一頭のGI馬テイエムプリキュアの単も100円買う。

自信は、そこそこあるのだが、σ(^^)の「勝負運」はやや落ち気味。(^^;

 

《レース後の追記》

うわぁ、こういうレースになっちゃったのか。。。

クィーンスプマンテは全く考えなかったなあ。逃げた時は強いってのを見落としていた。
決して速くはないペースでの大逃げ+早めスパートで引き離し。展開のアヤと言ってしまえばそれまでだが、1頭大逃げではなく2頭大逃げだったのが後続を惑わせたかな。

テイエムプリキュア惜しかったなあ。まあ追って伸びるタイプではないから仕方ないか。
単勝だけでなく複勝なら、、、でも、2着3着に粘るタイプじゃないので複勝は買いにくいし。。。レガシーワールドの有馬記念以来の悔しさ。(^^;
これが今のσ(^^)の「勝負運」だね。

リトルアマポーラ&スミヨンは絶好のポジションだと思ったが、引き離していく前2頭を見ながら動くに動けず。
カワカミプリンセス&横山典は出負けが響いて後方待機が痛かったな。早めに仕掛けていったが、あれで勝ちきれるような力はもう残っていないようだ。

ブエナビスタはさすがの切れ味をみせたが、まさに「勝負運」に見放された感じ。

外国馬シャラナヤは見せ場にもならなかったが、鋭い切れ味の片鱗は見せたのか。JCの有力馬になりそう。

|

« 転車台 | トップページ | スイッチバックの加速線 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/46765330

この記事へのトラックバック一覧です: 【競馬2009】エリザベス女王杯の予想:

« 転車台 | トップページ | スイッチバックの加速線 »