« 【競馬2009】高松宮杯の予想 | トップページ | 【台東区】六龍鉱泉 »

2009年4月10日 (金)

【川越】小江戸はつかり温泉

すでに3週間前ですが…(^^;

川越市にある小江戸はつかり温泉へ行ってきました。

3月中だったので、自遊人のパスポートでの無料入浴でした。

当日は宿直明けだったので、会社の最寄り駅から電車を乗り継ぎ、JR川越線の南古谷駅へ。ここからバスに乗り、城北埼玉高校前バス停で降りて徒歩10分強です。
車だと、富士見川越有料道路沿いにあるので、わかりやすいかな。

「小江戸」と呼ばれる城下町・川越にちなんだネーミングだと思いますが、場所的には川越市とふじみ野市の境付近、田畑の広がるただっ広い土地にあって「小江戸」のイメージとは違うかな。
また、そういう場所に1階だけの施設なので目立ちません。気付かず通り過ぎる人も多そうかも。

0011

0012

 

施設的には、「ざぶーんの湯」と「さらさらの湯」の2つの浴室があり男女日替わり。

5分に1回、高所に設置された大樽からお湯(?)が落ちる「ざぶーんの湯」が人気になっているようですが、この日は「さらさらの湯」の方が男湯。まあ、こちらの方が静かに入れるのかもしれません。こちらには、露天風呂エリアに小さな川が造られていて「さらさら」と流れています。「川に入らないで」との注意書きがありましたが、夏場とかここに入って足を冷やす人とかいそう。。。

温泉のお湯は、薄黄色の有色透明のお湯。内湯と露天に温めの源泉ぬる湯もあります。
この手の日帰り温泉施設は林立状態なので、正直なところそれほど期待していなかったのですが、実際に入ってみると、これが悪くない。良い意味で期待を裏切りました。

もう一つ、好感が持てたのが、ロビーに掲示してある分析表。
σ(^^)の場合、記録として分析表をデジカメで撮っているのですが、この手の施設では脱衣所の浴室入口近くに掲示していることが多く、デジカメを出しにくかったりします。ロビーに掲示してくれているのは嬉しいなあ。

宿直明けなので、もうちょっとのんびりしたかったけれど、この日は夜に浅草で呑み会なので、温泉から上がったあとは、またバス停まで歩きました。

ちなみに、施設の裏手から、ざぶーんの湯の大樽が見えます。

0014

|

« 【競馬2009】高松宮杯の予想 | トップページ | 【台東区】六龍鉱泉 »

温泉&銭湯♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/44622263

この記事へのトラックバック一覧です: 【川越】小江戸はつかり温泉:

« 【競馬2009】高松宮杯の予想 | トップページ | 【台東区】六龍鉱泉 »