« 【競馬2008】朝日杯FS | トップページ | 忘年会その2 »

2008年12月28日 (日)

【競馬2008】有馬記念

いよいよ有馬記念である。

ここ数年、有馬記念って馬券的中したことあったかなぁ。。。(^^;
どうしても思い入れのある馬が出てくることが多く、冷静に分析とか予想ができていないんだよなぁ。
まあ、それも有馬記念らしいと言えるが。。。

 

出走全馬を見渡して最有力だと思うのは、ダイワスカーレット。この馬には不安らしい不安がない。2500の距離とか昨年から2kgの斤量増を不安視する向きもあるようだが、昨年の有馬記念と前走の天皇賞の内容から不安視する理由がわからない。目標にされる脚質ってのはあるが、これも何を今さらって感じ。天皇賞の内容から強引に競る馬もいなさそうである。
昨年の有馬記念では、稍重馬場で4角で馬場の良い外目を通ったために伏兵マツリダゴッホに内をすくわれてしまったが、今度はマツリダゴッホの動きも見ているだろうし、良馬場なら昨年のようにはならないだろう。

中山の2200と2500が大得意のマツリダゴッホだが、この1年の充実度は本物で、当然ここでも有力馬なのだが、ノーマークだった昨年とは立場が違う(だからこそJCが狙い目だったのだが)し、強い馬だけど有馬記念を連覇するほどの馬かって言うと…やや微妙かな。

出走馬の中でただ一頭、今年のGIを勝っているスクリーンヒーロー。骨折休養から復帰した夏以降の安定度と上昇度はたいしたもので、ここでも上位争いしても不思議ではない。ただその夏から使い詰めなのが気になるところ。

ここが引退レースとなるメイショウサムソン。これまでのレースぶりから冬場は走らなそうだし、皐月賞馬とは言え中山向きの器用さがある感じでもない。また、引退レースで有馬記念をかっこよく勝つような馬とも思いにくい。(もっと泥臭いイメージなんだよな)

3着くらいならありそうな伏兵としては、57kg以下だとそこそこ走るドリームジャーニーとか、何もせずに先行流れ込みを狙ったアサクサキングス(この馬の場合、σ(^^)と相性の悪いルメールが降ろされたのがプラス材料とみる)あたりかな。

 

ということで、

【予想】
  ◎9番:メイショウサムソン

  ◎13番:ダイワスカーレット
  △11番:ドリームジャーニー
  △12番:アサクサキングス

えーと、、、やっぱりメイショウサムソンを買います。(笑)
ずっと応援してきた馬だし、引退レースのここで今さら他へは…。(こんなんだから最近の有馬記念の的中率が悪いんだってば)
先にマイナス面ばかり書いたが、GI4勝の底力は他馬に負けていないので、この馬の持ち味を出せるかどうか。
勝ちパターンとしては先行馬群から早めに先頭に立って粘りきるレース。道中マツリダゴッホの内に併せるような感じが理想かな。

対抗ではなく、同格の本命(なんじゃそりゃ)って意味でダイワスカーレット。

勝負は◎の単勝2点と◎の馬連1点。△絡みの3連もちょこっと。

自信度は、表現不能。(^^;

 

《レース後の追記》

Arima

自信のある方の◎ダイワスカーレットがまったく危なげのない横綱相撲で完勝。
これはσ(^^)の競馬歴で最強クラスの牝馬でしょう。

これで難しくなったのは年度代表馬争い。今年はGI勝馬がころころ変わり、GI2勝しているのは、ディープスカイ(NHKマイルとダービー)、ウオッカ(安田記念と天皇賞秋)の2頭だけ。ディープスカイは古馬に勝てなかったし、ウオッカは負けたレースの内容が悪すぎ。ならば、ダイワスカーレットに票が集まっても不思議ではない。
(もっとも、有馬を勝つためにJCを回避するような馬を最強馬とは認めないって持論もあるのだが…)

自信のない方の◎メイショウサムソンは、武豊が珍しく先行させてダイワスカーレットに挑んでいったが息が続かず失速。よくを言えば外から併走する馬がいて欲しかったかな。
まあ、こうなる確率は相当高いと思っていたので納得です。
定年による転厩、海外遠征含みの乗り替わり、インフルエンザなどいろいろな波乱に富んだ現役生活だったな。種牡馬として成功して欲しい。

単勝を的中させたものの微妙にマイナス。単勝があと10円ついてたらなぁ。(^^;

Photo

|

« 【競馬2008】朝日杯FS | トップページ | 忘年会その2 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/43549823

この記事へのトラックバック一覧です: 【競馬2008】有馬記念:

« 【競馬2008】朝日杯FS | トップページ | 忘年会その2 »