« 【競馬2008】マイルチャンピオンシップ | トップページ | 【競馬2008】ジャパンカップダート »

2008年11月30日 (日)

【競馬2008】ジャパンカップ

検討していたら、結構遅い時間になってしまった。

外国からの遠征馬もいて難しいのだが、日本の競馬場でやるからには日本の馬の方が有利であるし、近年の傾向からも外国からの遠征馬は消すことにする。

今年は(も?)外国からの遠征馬が少なく、出走馬の大半が日本馬であるが、結局は3頭のダービー馬、2頭の菊花賞馬、1頭の有馬記念馬の6頭の争いだろう。それ以外の馬は、いわゆる「家賃が高い」という感じだ。

ということで、今回は結論を先に。

【予想】
  ◎2番:メイショウサムソン
  ○13番:マツリダゴッホ
  ▲15番:アサクサキングス

◎はメイショウサムソン。皐月賞から応援してきた馬だし、今さら他へは…。府中の2400はベストの舞台だし、鞍上も強化。
最近のJCはスロー&瞬発力勝負になることが多く、そういう展開だと厳しいのは事実なのだが、底力はこのメンバーで一番だと思う。

○はマツリダゴッホ。府中は苦手と言われているがそうだろうか。馬が本格化する前に僅か2回走ったでは参考にならない。サンデーサイレンス産駒がもっとも活躍した舞台は府中2400であることも忘れてはならない。この1年の充実ぶりをみると上位争いは確実。

▲はアサクサキングス。この秋に成長すると思っている馬の1頭だし、休み明けの天皇賞はひと息だったが、もう一度期待してみたい。瞬発力はないがバテない脚質から2、3着は十分にある。

◎の単勝も買うが、馬連Box中心で。

人気のウオッカだが無印に。毎回言うが基本はマイラーだし、掛かりやすい気性も難点。スローで流れて瞬発力を爆発させれば一番強そうだが、序中盤からペースの上がる厳しい流れや、安田記念のように好位につける展開では最後の瞬発力が鈍る恐れも。内枠なので中段より後方の馬群の中で落ち着かせたいところ。

もう一頭の人気馬ディープスカイも無印に。この馬も基本はマイラーか中距離馬。そして天皇賞は着差以上に完敗だったとみている。もっとも3歳牡馬と4歳牝馬の回復力&成長力の差もあるだろうし、古馬との対戦も2度目なのでウオッカを逆転する可能性は十分にある。試金石の一戦かな。

オウケンブルースリの菊花賞は強かったのだが、今年の菊花賞はOP特別のようなメンバー構成だったし過大評価はできない。6頭の中では強調材料に乏しい。

さて、勝負の鍵を握るのはレース展開だろう。典型的な逃げ先行馬が不在でスローペース必至と言われている。そうなると、ウオッカとディープスカイが有利なのだが・・・
そんなことは戦前からわかりきっているし、瞬発力勝負にしたくないルメールのアサクサキングス、石橋のメイショウサムソンなどが早めに動くだろう。意外とスタミナを要求される展開になるのではないだろうか。

自信度は、まあまあ。(^^;

 

《《レース後の追記》

スクリーンヒーローか、う~ん、、、1秒たりとも考えなかったが、社台の馬らしい配合(祖母はダイナアクトレス)だし、骨折休養あけ以降の安定味と上昇度を見逃すのではなかったなあ。天皇賞の予想で、~~4歳秋はサラブレッドが最も成長する時期。「天高く馬肥ゆる秋」なのである~~みたいなことを書いたが、この馬だったか。
人気薄の気楽さもあっただろうけどデムーロの好騎乗も冴えたな。

ウオッカは懸念したとおり、安田記念のようなレース運びで最後の瞬発力が鈍ってしまった。武豊ならまた違った乗り方をしたかもしれないが、岩田には安田記念のイメージが強かったのだろう。スローペースになったとは言えマイル戦と2400では違うということか。それでも3着に来るあたりはさすがである。

ディープスカイはウオッカに先着したものの最後はスクリーンヒーローと同じ脚色となって交わせず2着。正攻法の騎乗で勝ちきれなかったあたりから、この馬もベストは2000くらいなんだろう。強い馬ではあるが、飛び抜けて強いってほどではない感じである。

惜しかったのはマツリダゴッホ。やはり府中が苦手というわけではなかった。直線に向いた時には勝ったかと思わせたが、瞬発力勝負となっては分が悪かったか。有馬ではダイワスカーレットと人気を分け合いそうだ。

期待はずれだったのは、石橋騎乗のメイショウサムソン。最後の直線でネヴァブションと叩き合ってるようではねぇ。TV画面からはイマイチ馬に覇気がないように感じたが調子は万全ではなかったのか、あるいは秋冬はやっぱりダメなのか。
また石橋の騎乗もなにか迷いがあるように感じた。自分がこの馬で勝ってきたことに自信を持って乗ってほしかったな。

もう一頭の期待はずれは、ルメール騎乗のアサクサキングス。この馬の脚質や持ち味を考えて、あの位置取りでジッとしてるのはどうだったんだろうか。そもそも、この馬の4歳秋の成長はどうなったんだ?

メイショウサムソンとアサクサキングスが自分から動かなかったことで、今回のJCも超スローペースとなり、上がりの瞬発力だけの勝負になってしまった。2頭とも自分で自分のクビを絞めてるようなレース運びをしていたなあ。これって勝負師としてどうだったんだろう。勝ってなんぼの世界だけに勝ちに行く姿勢を見せないと、と思うのだが。
石橋、ルメールの今回の騎乗には納得がいかないな。岩田の騎乗も疑問符だが。

|

« 【競馬2008】マイルチャンピオンシップ | トップページ | 【競馬2008】ジャパンカップダート »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ほぼ同感だね。
やはり大きいレースほど騎手の力量による差は大きいな。
今回のことを踏まえてもう一度レースをやったら違う結果になるだろうね。

投稿: くまみちゃん | 2008年12月 1日 (月) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/43272285

この記事へのトラックバック一覧です: 【競馬2008】ジャパンカップ:

« 【競馬2008】マイルチャンピオンシップ | トップページ | 【競馬2008】ジャパンカップダート »