« 【将棋】OB会1局目 | トップページ | 【将棋】OB会3局目 »

2008年8月17日 (日)

【将棋】OB会2局目

2局目はT岡氏との対局。

初戦を落としたらしいT岡氏、「ここで負けたら全敗しちゃうなぁ」と。
ずいぶん舐められたものである。(笑)

 

さて戦形は、σ(^^)の得意な横歩取らせ模様だったが、T岡氏は横歩を取らずに飛車を引き、ひねり飛車へ展開する。。。なんとも昭和的な戦形だ。(^^;
その後、角頭を狙って金が出てこられて、第1図の局面を迎える。
 ※本当はσ(^^)は後手番なのだが、わかりやすいように先後反転させてます。
 ※第○図とか書いてないけど、まぁわかるだろう、ってことで。

21_2
【第1図以下】
36歩、同歩、35歩、同角、36金、13角、35歩、24飛、28飛、76金(第2図)

76を受ける手はない。角もほとんど助からない。
ならば右辺で戦うしかない。というわけで本譜の仕掛けとなったが、24飛に28飛と戻るのが辛いところ。

76金で角は助からないが、角の取られ方にも工夫が必要である。
77で取られると、39角を狙われる。また86で取られると87歩と叩かれるのが嫌み。66で取られると76桂を警戒しなければならない。要はどこで取られても嫌な手が残ってしまうのである。

 

22_2
【第2図以下】
55角、54歩、66角、43銀、37桂、31角、58銀、64角、77銀、66金、同歩、45歩、34金(第3図)

一旦55角と出たのは54歩を突かせた方が、34金~44金と反撃した時に手が続きやすそうとの判断。
しかし、後手はなかなか角を取ってくれない。おまけに31角~64角と5筋を突かせたのを逆用されてしまう。
やむなく、角金交換を催促するが、45歩を突かれて大ピンチ。
34金はやや暴発モードか。

 

23_2
【第3図以下】
34同銀、同歩、同飛、35銀、同飛、同金、46角、36金、39角、29飛、57角上成、39飛、同馬、45桂(第4図)

激しく駒交換となり、第4図の駒割は4歩損。案外つり合いは取れているのだが、駒の働きと持ち駒の豊富さで後手が有利だろう。
45桂は遊び駒の活用…と言えば聞こえはいいが、後手にさらに駒を渡してどうするんだという手。
ただ、手順中の46角では46歩の方が嫌だったし、57角上成では57角引成の方が嫌だった。この辺りの小ミスは、後手変調の予兆だったのかな。

 

25_2
【第4図以下】
48飛、53桂不成、51金、21飛、41歩、35角(第5図)

後手は桂交換すると84桂の筋があるのを嫌って45同桂と取らずに48飛と打ち込んできた。しかし、一目疑問手である。53桂不成が実現しては先手にも楽しみが出てきた感じである。
35角はいかにも怪しい手。利いているんだか利いていないんだか。こういう局面ではこういう手が有効なんだよねぇ。

 

27_2
【第5図以下】
44銀、41桂成、61金、44角、同飛成、51成桂、同金、同飛成(第6図)

手拍子気味に指された44銀だったが、飛車の自陣への利きを止めてしまった悪手である。すかさず桂を成り込んで一気に勝負形になった。
44角と切り51成桂と迫る。ここで41歩ならまだまだ難しかったが、また手拍子で同金と取ったのが大悪手。
同飛成となった第6図では、すっかり形勢逆転して先手勝勢である。

 

28_2
【第6図以下】
61桂、62銀、82玉、61銀不成、83銀、75桂、74銀、62竜、93玉、72銀不成、82金、76歩(図省略)以下先手勝ち

61銀成からは詰めろの連続で寄せる。
76歩も詰めろだが、83金以下の即詰みもあったようである。
まあ、難しい即詰み(難しくはないか)よりも必死を掛ける方が確実な寄せである。

 

大逆転の将棋だったが、崩れる時はミスを重ねていくもんなんだなぁ。

|

« 【将棋】OB会1局目 | トップページ | 【将棋】OB会3局目 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

第4図での△48飛はないよなあ。
ここは普通に桂を取って同金に△86歩でどうだろう。▲同銀なら△66馬から△76桂の筋(更に△56馬と寄って金取りの筋もある)、▲同歩なら△87歩▲同金△75桂の筋(△87歩に玉が逃げれば88に金か銀をぶちこんでバラして再度△87歩)、手抜きなら△87歩成▲同金に△86歩から△74桂の筋。後手は歩を沢山持っているから大体寄り筋なんじゃないかな。

投稿: kane | 2008年8月17日 (日) 13時39分

まぁ、第4図は先手不利の局面なので、普通に指されれば普通に苦戦でしょうね。
ご指摘の86歩は厳しいけど、53角があるのでまだ粘れそうかな。

投稿: たなかつ | 2008年8月18日 (月) 00時18分

王手で抜かれちゃうのは気付いてませんでした(汗)
それでも△74桂と馬に当てて、再度の△86歩を狙う手はあるか。
意外とはっきり後手良しとはならないんだな。

投稿: kane_katu | 2008年8月18日 (月) 19時22分

この変化を読んで、第2図で5筋の歩を突かせたのだよ。(嘘)

投稿: たなかつ | 2008年8月19日 (火) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/42187975

この記事へのトラックバック一覧です: 【将棋】OB会2局目:

« 【将棋】OB会1局目 | トップページ | 【将棋】OB会3局目 »