« もうすぐ10000 | トップページ | 【所沢】むさし野温泉「彩ゆ記」 »

2008年8月27日 (水)

北京オリンピック総括

北京オリンピックが終わった。
日本が獲得したメダルは、金9、銀6、銅10の合計25。前回よりはやや少ないとは言え、立派な結果だと思う。

σ(^^)はオリンピック好きである。
ふだん見る機会の少ない競技も含めて、いろいろな競技が楽しめるのが嬉しい。
今までオリンピック期間中は、録画したり、徹夜したりしてたりしていたのだが、今回はそんな余裕もなく、あまり見ることができなかったのがちょっと残念。

本当は毎日見た競技ごとに感想など書いてみたいのだが、その余裕もないうちに終わってしまったので、今さらながら総括して書いてみることにする。

[陸上]
全般として振るわなかったな。
マラソンは野口の欠場をはじめ、欠場、故障、不調などもあって男女ともレース前から負けていた感じである。日頃の練習がハードすぎるのではないか?
あとは、もっとスピードと自在性の優れた選手を育てていかないと勝てないだろうなあ、という印象。

ハンマー投げの室伏もメダルなし。
2投目に大投てきをした選手が出て、これで燃えた選手と固くなった選手…残念ながら室伏は後者になってしまったか。流れ的に4投目以降はすでに勝てる感じではなかったなぁ。

そんな中、400mリレーの銅メダルは素晴らしかった。
たしかに強豪国が予選でバトンミスして失格したことも大きかっただろう。元々リレーはバトンミスによるタイムロスや失格の多い競技である。そしてミスする可能性は元々は同じ条件である。だがそれを運不運ではなく技術としてとらえ、バトンミスの可能性を少なくする努力をした結果の銅メダル獲得なのだ。これは賞賛に値する。
アメリカあたりはお国事情的にバトンパスに力を入れてくるとは考えにくいが、もしそうなると…鬼に金棒か?

[競泳]
何と言っても北島につきるな。
世界新で勝った100m、ぶっちぎりで勝った200mとも素晴らしかったのだが、一番印象深いのは銅メダルを取ったメドレーリレー。もちろん4人全員が持てる力を十二分に発揮した結果なのは言うまでもないが、やはり第2泳者の北島が大きい。
各国のエース級が揃う中、4位で引き継がれた北島が一気にトップに立って引き離す。これはとてつもなく強いな、と思わず絶句。ほかのメンバーもこれで奮い立って頑張れたんだろうな。
今後また、北島級のエースが現れるかどうかが競泳浮沈のカギだろうな。

[格闘技]
男子柔道は思いのほか不振。日本の柔道は相当に研究されているのだろうか。
「JUDO」ではなく「柔道」にこだわりすぎているのが良いのか悪いのか微妙なところ。
女子柔道は頑張ったと思う。谷は3連覇はならなかったが、5大会連続メダル獲得は素晴らしい記録である。

女子レスリングはだいたい予想どおりかな。
この競技、まだまだ発展途上で層も薄い感じ。いまは日本勢が優勢だが、いつまで続くかは微妙。

[球技]
何と言ってもソフトボールの金メダル。
上野の力投につきるが、逆に言えば上野抜きではアメリカとは勝負にならないってことでもある。もっと選手層を厚くしないとね。
予選、準決勝でアメリカに負けたのに決勝でアメリカに勝って金。なんとも変なシステムではあるが、おそらく、このシステムを考えたのは強い国(要はアメリカ)だろうから、文句も言えないってとこか。

惜しかったのは女子サッカー。
4年前はボールを追い回すだけって感じでレベル的にもイマイチだと思ったが、今回は一つ一つのプレーの質も全体の戦術面もかなり向上していたと思う。体格面で劣る日本だったが、戦術面で充分カバーできていた。敗因としてはスタミナ不足だろうか。後半途中から運動量が落ちてプレーの精度も落ちてしまった。
今回の日本のプレースタイルはおそらく世界の女子サッカー界に影響を与えるだろう。それだけに今回メダルを取っておきたかった。ほかの強国が戦術面を進化させてきたら、体格面で劣る日本はまた苦しくなりそうである。

男子は野球もサッカーもメダルなし。
とは言え、チームや監督を責める気にはならない。日本球界全体としてメダルを取りに行くという姿勢だったんだろうか。プロ野球のペナントレースを中断してでも前面的にバックアップしてほしかったな。全員プロ選手で構成されているとは言え、「大人の事情」も見え隠れしていては簡単には勝てないということだろう。
その辺りはOA枠を使えなかったサッカーも同様である。

バドミントンや卓球などメダルには届かなかったが、印象に残る熱い戦いを見せてくれた試合もあって面白かったな。

[体操]
体操だけに限らないけれど、こういう採点競技ってどうしても地元有利とかってありそうなんだよなぁ。まあ、今回に限ったことじゃないけど。

[その他の競技]
4年に1度のオリンピックの時しか見られないような、日本では目立たない競技も多い。こういう競技で注目選手を見つけたりするのも好きなんだよね。
そんな中、フェンシングのフルーレで太田が銀メダル。日本人がフェンシングでメダルを取るとは思わなかった、というか出場してることすら知らなかった。あとから調べてみれば、けっこう有力選手だったみたいで…ノーマークだったのがちょっと悔しい。(^^;

ほかにももっと見たかった競技もあったのだが、これくらいしか見れなかったなあ。あまり昔みたいには見れないかな。(^^;

|

« もうすぐ10000 | トップページ | 【所沢】むさし野温泉「彩ゆ記」 »

スポーツ雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/42286938

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック総括:

« もうすぐ10000 | トップページ | 【所沢】むさし野温泉「彩ゆ記」 »