« 【大田区】新田浴場 | トップページ | 手術後1ヶ月 »

2008年7月22日 (火)

処方された薬

今回の白内障手術関連で処方された薬について記録しておこう。
あまり病院の指示どおりに使用できてない気もするなぁ。(^^;;

《点眼薬・手術前》

○カリーユニ点眼液 (0.005%)
  白内障と診断された時に処方された。
  説明によると、白内障の進行をおさえる目薬。
  1日4回点眼とのこと。
   この薬について、あまり効果がないとの説もある。
   どうせすぐに手術することでもあるし、あまり使用しなかった。(^^;

○ノフロ点眼液 (0.3%)
  手術の約1週間前に処方された。
  説明によると、菌を殺し感染を治療する目薬。
  1日4回点眼とのこと。
   1日4回というのは、朝昼晩と寝る前である。
   とは言え、きちんと1日4回というのはなかなか難しい。
   (手術直前はさすがに忘れないように注意したが)
   もっともWebで調べると、通常は1日3回らしく、あまり気にしなかった。

 

《錠剤・手術後》

○フロモックス錠 (100mg)
  手術日に処方された錠剤その1。
  説明によると、細菌を殺し、感染を治療する薬。
  1日3回食後に服用とのこと。(5日目に処方された時には朝夕2回に)
   この抗生物質を服用すると下痢する人もいるらしく、その場合は点滴に代えるそうな。

○ムコスタ錠100 (100mg)
  手術日に処方された錠剤その2。
  説明によると、胃の粘膜を修復する薬。
  1日3回食後に服用とのこと。

○ビオフェルミンR錠
  手術日に処方された錠剤その3。
  説明によると、抗生物質や化学療法錠等服用時の腸内細菌のバランスを整える薬。
  1日3回食後に服用とのこと。
   昔から市販されてる(今でもあるのかな)ビオフェルミンSとはちょっと違うらしい。(^^;
   これら3種類の錠剤は8日目以降は不要となった。

 

《点眼薬・手術後》

○ベガモックス点眼液 (0.5%)
  手術翌日に処方された目薬その1。
  説明によると、菌を殺し感染を治療する目薬。
  2時間毎に点眼とのこと。
  なお、手術の2週間後に別の点眼薬に変わったので不要となった。
   術後の感染症が一番心配なのでこれの点眼は忘れないようにした。
   とは言え、2時間毎というのはなかなか難しい。
   自宅療養中はまだともかく、会社に復帰してからはよくて3時間毎だったか。

○ヒアレイン点眼液 (0.1%)
  手術翌日に処方された目薬その2。
  説明によると、角膜の傷、ドライアイなどを治療する目薬。
  2時間毎に点眼とのこと。(8日目からは1日4回に)
  なお、手術の2ヶ月後に不要となった。
   一度に4種類の目薬が処方され、同時に2~4種類を点眼することになる。
   1分以上間隔を開けてと言われたが、ホントにそんな短時間間隔でいいのだろうか。
   Webでは5分以上あけるという説もあったが、時間がかかりすぎて何もできなくなる。
   結局、指示どおり1~2分程度の間隔になっていた。

○ジクロード点眼液 (0.1%)
  手術翌日に処方された目薬その3。
  説明によると、術中、術後の炎症や合併症を予防する目薬。
  1日4回点眼とのこと。
  なお、手術の3週間後に不要となった。
   4種類の目薬が処方されたのだが、点眼する順番はあるのだろうか?
   病院でも薬局でもとくに注意されなかったので特に問題ないのだろう。
   気になったのは1回の量。薬局ではどれも1回3滴と言われた。
   病院で渡された資料にもそんな記載があったのだが、看護士の話では
   多く点眼してもあふれて流れ出すだけなので1~2滴で十分という。
   たしかにその通りだと思い1~2滴にしていた。

○リンデロン液 (0.1%)
  手術翌日に処方された目薬その4。
  説明によると、目の炎症、アレルギーを抑える目薬。
  1日4回点眼とのこと。
  なお、手術後8日目に別の点眼薬に変わったので不要となった。
   点眼するとちょっとしみる感じがする。
   ステロイド系の点眼薬は体への吸収率が高いと聞き、なるべく1回1滴にしていた。

○フルメトロン0.1 (0.1%)
  手術後8日目に処方された目薬。
  説明によると、目の炎症、アレルギーを抑える目薬。
  1日4回点眼とのこと。
  なお、手術1ヶ月後に別の点眼薬に変わったので不要となった。
   これもステロイド系らしいが、リンデロンより作用がおだやかで眼内に移行しにくいそうな。

○クラビット点眼液 (0.5%)
  手術後2週間後に処方された目薬。
  説明によると、菌を殺し感染を治療する目薬。
  2時間毎に点眼とのこと。
  なお、手術1ヶ月後に別の点眼薬に変わったので不要となった。
   手術前のノフロ点眼液、手術後のベガモックス点眼液、今回のクラビット点眼液。
   どれも書かれているはたらきは同じ文章であるが、どう違うのかの説明も欲しいなあ。

○ガチフロ0.3%点眼液
  手術1ヶ月後に処方された目薬。
  説明によると細菌を殺し、感染を治療する薬。
  1日4回点眼とのこと。
  なお、手術3ヶ月後に別の点眼薬に変わったので不要となった。
   1つ上のクラビット点眼液の所にも書いたが、抗菌剤の違いについて説明が欲しいなあ。

○オドメール0.1%点眼液(0.02%点眼薬)
  手術1ヶ月後に処方された目薬。
  説明によると、目の炎症、アレルギーを抑える目薬。
  1日4回点眼とのこと。
  なお、手術2ヶ月後から0.02%のものに変更となった。
  さらに、手術3ヶ月後に別の点眼薬に変わったので不要となった。
   3つ上のフルメトロンと同じ成分のよう。違いはあるのだろうか?

○サンテマイシン点眼液(0.3%)
  手術1ヶ月後に処方された目薬。
  説明によると、菌を殺し感染を治療する目薬。
  1日1回入浴後に点眼とのこと。
  なお、手術3ヶ月後に不要となった。
   これまた抗菌剤。違いはイマイチわからないって言うか調べるのも面倒になってきた。(^^;
   1日1回入浴後と言うが、1日に複数回入浴した場合はどうするのか?
   1日5回とか入浴する人は少数派だろうけど、2回くらいなら結構いると思うのだが。

○タリビッド点眼薬(0.3%)
  手術3ヶ月後に処方された目薬。
  説明によると菌を殺し、感染を治療する薬。
  1日4回点眼とのこと。
  なお、手術4ヶ月後に不要となった。
   いわゆる抗菌剤って何種類目になったんだろう?

 
 ※手術から3ヶ月が経過して、点眼薬も1種類だけになった。
   これからは通院も月1回である。
   新しく処方される毎に追記していきたい。

○ティアバランス点眼液 (0.1%)
  手術4ヶ月後に処方された目薬。
  説明によると、角膜の傷、ドライアイなどを治療する目薬。
  目がかわく時に点眼とのこと。
   手術すると目がかわきやすくなるとのことで、この薬が処方された。
   
手術翌日に処方されたヒアレイン点眼液との違いは不明である
   

|

« 【大田区】新田浴場 | トップページ | 手術後1ヶ月 »

白内障手術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/41622350

この記事へのトラックバック一覧です: 処方された薬:

« 【大田区】新田浴場 | トップページ | 手術後1ヶ月 »