« 【競馬】天皇賞(春) | トップページ | 5月5日は菖蒲湯 »

2008年5月11日 (日)

庄和の大凧

なかなかPCに向かう時間もないので、更新が遅れ気味・・・ってのは毎度のことだな。(^^;

5月5日に、春日部市の伝統行事(旧・庄和町の伝統行事って書くべきか)である大凧あげ祭りを見に行ってきた。

毎年5月3日と5日に行われる「庄和の大凧揚げ」。存在は知っていたが見に行ったのは初めてである。
なんだかんだと出発が遅くなったので、会場入りしたのは大凧をあげる直前に。

あまり予備知識はなかったのだが、資料によると、大凧は15×11mで800kg、小凧は6×4mで150kgあるだそうだ。この大凧、小凧を上下2組に分かれて揚げるようである。

会場は江戸川の河川敷でかなり広い。
凧揚げするエリアには観客は入れないので、その上流側と下流側から見ることになる。
σ(^^)が着いたのは上流側だったのだが、この日の風向きでは風下になる。これがちょっと難点で凧の裏側しか見られないのだな。(苦笑)
早めに会場入りするのなら、風上側に陣取ることをお薦めする。
あとは、江戸川の対岸(千葉県側)から見る方法もあるが、ちょっと距離があると思うので迫力には欠けるかも。。。

さて、大凧は揚げるのも大変なようで、最初に挑戦した下流側の大凧は揚がらずに失敗。
続いて、上流側の大凧が準備される。

001 002

011

(左)堤防上に運ばれた大凧。周りの人間と比べれば大きさがわかる。
(中)大凧を揚げる人たち。大人数である。手前のは小凧。
(右)竹の棒で起こして準備完了。

 

012

013

ふわりと浮き上がる大凧。
花火も打ち上げられる。
だが・・・

 

014

風が弱かったのだろうか。失速して落下。
その際、骨が折れて二つ折り状態に。。。 

 

015

016

すぐさま、修復作業が始まる。
大凧の作成には3ヶ月かかるらしいから、簡単には諦められないのだろうな。

 

021

その間に小凧を揚げる準備に。小凧と言ってもこの大きさ。十分でかいぞ。

 

022 023

024

小凧の方は、いとも簡単に(?)揚がる。
全部で4つ揚がった小凧。と言っても、この角度じゃよくわからんなぁ。
やはり正面側から見ないと面白味は半減か。

 

上流側の大凧を修理している間に、下流側の大凧の再挑戦の準備ができたようである。今度はうまくいくかな。

031

032

観客から「がんばれ!」と声がかかる中、わずかに揚がった大凧。
うう~ん。。。び、びみょ~(笑)

やはり、これだけの大凧を揚げるのは、なかなか大変のようである。

|

« 【競馬】天皇賞(春) | トップページ | 5月5日は菖蒲湯 »

今日の1枚」カテゴリの記事

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/41165798

この記事へのトラックバック一覧です: 庄和の大凧:

« 【競馬】天皇賞(春) | トップページ | 5月5日は菖蒲湯 »