« 野茂、始動! | トップページ | 【競馬】天皇賞(秋) »

2007年10月23日 (火)

1ポイントをめぐる戦い

F1レースの最終戦、ブラジルGPを見る。

先の中国GPが終わった時点で、ポイントTOPのハミルトンが107点、2位のアロンソが103点、ライコネンが100点という大接戦の状況でスタート。

3番手から好スタートで2位に上がるライコネン。チームメイトのマッサとワン・ツー体勢でリードをつくる。

2番手スタートから順位を落としたハミルトンは、ミスとトラブルで大きく順位を落とす。トラブルはともかく、ミスは若さが出たかな。しかしそこから怒濤の追い上げをみせる。

アロンソは可も不可もなしといった走りで3番手キープ。

レース中盤では、1ポイントをめぐる攻防となり、誰がチャンピオンになるのかわからない状況に。

そんな中、ライコネンはピットインのタイミング差でトップに立ちそのまま優勝。3位アロンソ、7位ハミルトン。

この結果、チャンピオンの栄冠は、ライコネン110点、ハミルトン109点、アロンソ109点というわずか1点差でライコネンに。

残り1戦の1発勝負ではなにが起こるかわからないと思ったが、見事な大逆転である。

シーズン終盤はいつもそうだったが、今日のライコネンの走りも印象深い走りだったなぁ。

|

« 野茂、始動! | トップページ | 【競馬】天皇賞(秋) »

スポーツ雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/16845507

この記事へのトラックバック一覧です: 1ポイントをめぐる戦い:

« 野茂、始動! | トップページ | 【競馬】天皇賞(秋) »