« ひさびさ湯めぐりへ | トップページ | 【1湯目】オレンジ色のニクイ名湯~加賀井温泉 »

2007年9月25日 (火)

【0湯目】バカにはなりきれず~延徳温泉

まず最初に訪れたのがココ。

Zero

信州方面に行こうと決めたが、具体的にどこへ行こうかと、出発直前にネットで検索しているうちに発見。

そのサイトには「延徳駅近くの工場の裏にある」としか書かれていない。(笑)
地図で延徳駅を探してみると、元々行こうとしていた方面である。
たったそれだけの情報で「行ってみよう」と思う方もどうかと思うが、行けば何とかなるだろうってくらいの気持ちで向かってみた。

夜間走行して高速を降りると、雨。けっこう本降りである。
駅近くってのがどの程度の距離なのかすら判断つかなかったが、適当に駅近くの道をしらみつぶしに走り回る。次の温泉に向かう予定の時間も迫ってきて、そろそろ諦めモードになったその時。「あ、あった。」

001

002_2

003

2階建てプレハブの工場の裏に貯湯タンクがあり、そこから出る配管の下にバスタブが置かれている。そのバスタブには灰色の温泉成分がびっしり付き、あふれ出たお湯が流れた跡も温泉成分がびっしりである。
だが、しかし…お湯がまったく溜まっていなかった。

とりあえず写真を撮ったりしていると、急に配管からお湯が出てきた。タイマー制御なのか建物内で誰かが操作したのかわからないが、すごい勢いでお湯が出てきて、すぐにバスタブがいっぱいになる。

最初に見たサイトの写真では緑色のお湯に見えたのだが、お湯はほぼ透明だった。時間が経てば色が変わってくるのかもしれない。

004

ここで、このバスタブに入るかどうか迷いに迷った。

当然ながら囲いなどはなく見晴らしはいい。要は丸見え状態・・・。雨の早朝で人はあまり通らなそうだが、写真を撮ってる時に車がすぐ脇を通ったし・・・。工場内にも人の気配がするし・・・。雨なので上がったあとに体をふく場所もないし・・・。

結局、バカにはなりきれず、「腕湯」だけで我慢(?)しました。

そんなわけで「1湯目」ではなく「0湯目」ということに。(笑)

ちなみに、なぜか持っていた温度計で測ると、湯温は48度弱。手で触った感じでは十分入れる温度に感じたが、それ以上に高温のようである。

005

せっかくなので、なぜか持っていた飲泉カップでちょっと飲んでみた。見た目通りの硫黄の味がする。カルシウムっぽい味で飲みにくくはない。

006

ちなみに、ココのお湯を汲んでローリーで運んでいる施設があるらしい。

私が見た状況だと、夜間はお湯を抜いているのかもしれません。また、明らかに私有地なので、ココに入りたいというマニアックな方は、工場の人に声をかけて許可をもらった方がいいでしょう。

|

« ひさびさ湯めぐりへ | トップページ | 【1湯目】オレンジ色のニクイ名湯~加賀井温泉 »

旅日記」カテゴリの記事

温泉&銭湯♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/16567645

この記事へのトラックバック一覧です: 【0湯目】バカにはなりきれず~延徳温泉:

« ひさびさ湯めぐりへ | トップページ | 【1湯目】オレンジ色のニクイ名湯~加賀井温泉 »