« しゃぶしゃぶ | トップページ | 500番は »

2007年6月24日 (日)

【競馬】宝塚記念

夏のグランプリ、宝塚記念である。

今年は珍しく豪華なメンバー構成だ。

何年か前までは、ダービーの2週後の春競馬最終日に古馬のGIとして行われていたが、その後、3歳馬も出走できるよう今の時期に変更されたレースだ。
そういった趣旨はわかるのだが・・・やはりちょっと微妙なんだよなぁ。
この時期は梅雨入りしていて、雨の日や蒸し暑い日になりやすい。オークスやダービーで好走した3歳馬はもちろん、天皇賞や安田記念で好走した古馬も休養入りすることが多かった。
どうせこの時期に変更するなら、場所も涼しい北海道(札幌or函館)にすればよかったのにね。
距離の2200mというのも微妙で、長距離馬でもこなせるし、ほぼ平坦だからマイラーでも我慢できる距離ってのはわかるのだが、ちょっと中途半端の距離ってのも否定できないところ。どうせなら2000mでやってほしいなぁ。

と、毎回のように苦言を言ってきたが、今年は豪華なメンバーが揃った。やはり3歳馬の有力どころが出てくると盛り上がりが違うね。そのぶん、予想が難しいけど。。。

順当なら、昨年2冠馬で前走天皇賞を制したメイショウサムソンだろうか。だが、ベストは2400mだと思うし、瞬発力勝負のレース展開になった時(なりそうな予感)にちょっと苦しそう。3、4着に敗れてしまう予感もある。

ならば、安田記念を勝って4つめのGI勝ちとなったダイワメジャーはどうか。距離うんぬんが言われるが、府中の2000mを勝てる馬なら阪神の2200はこなせるだろう。ただ、こなせると勝てるは別で、最後まで粘りきれず、これまた3、4着に敗れてしまう予感もある。

牝馬のカワカミプリンセスはどうか。この馬も牡馬との戦いが未知数な上、前走の惨敗から立て直しできているのかも微妙。人気を落としているので狙い目ではあるがやはり狙いにくい。

注目のダービー馬ウオッカはどうだろう。負担重量面で有利なのは間違いないが、日本の競馬ではこの時期の3歳馬では古馬相手に苦戦することが多いのは事実。1番人気になっているし、切ってこそ妙味がある・・・というのが馬券上のセオリー。なのだが、それでも◎にしたくなるカリスマ性みたいなのを感じさせる馬なんだよねぇ。。。

他の穴馬はどうだろうか。スウィフトカレントが気になる。夏場に調子を上げてくるし距離もピタリで瞬発力もある方だ。おまけに人気薄。

【予想】
  ◎2番:ウオッカ
  ○1番:スウィフトカレント
  ▲17番:メイショウサムソン
  △11番:ダイワメジャー

馬券をどう買うかはまだ決めていないが、◎と○が同じ1枠に入ったので、枠連という弱気な買い方もできるかも。(^^;

《レース後の追記》

とりあえず、はずれたようだ。(^^;

休日出勤だったのでレースはまだ見ていない。(録画してあるんだけど見る時間が…)

やっぱ、日本の競馬ではこの時期の3歳馬にはちょっと荷が重いのかなあ。。。

《さらに追記(笑)》

一週間経って、ようやく録画しておいたレースを見た。

ウオッカの敗因は、スタートから向正面にかけて掛かり気味でムダに消耗したことだろう。
内枠から好スタートしたこと、軽量でダッシュがついたこと、道悪でばらけた展開になったことなどで、前に他馬の壁を作れなかったのが痛かったかな。
凱旋門賞遠征では、こういう気性をうまく抑えないと苦戦するだろうけど、向こうでは逆に壁の中に閉じこめられる展開になるだろうから、そういう面では心配には及ばないか。最後の直線で馬群をさばける脚が残っていれば十分勝負になるとみる。

一方のメイショウサムソンは、ムダのないレース運びだったが、アドマイヤメインの徹底マークに屈した感じ。実力は発揮してたし、欧州向きの馬だと思うので凱旋門賞でも十分勝負になると思う。

2頭とも遠征で結果を残してほしい。

|

« しゃぶしゃぶ | トップページ | 500番は »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/15538833

この記事へのトラックバック一覧です: 【競馬】宝塚記念:

« しゃぶしゃぶ | トップページ | 500番は »