« 無果汁なのに果汁入り? | トップページ | 品質第一? »

2007年5月11日 (金)

「日本一」はダメ>長湯温泉

携帯で読んだニュースなので詳しいことはわからないですが…
大分県の長湯温泉で使っている「日本一の炭酸泉」のキャッチコピーは、日本一の根拠が不明確なのでダメと、県から行政指導を受けたらしい。。。
まぁ確かに、もっとすごい(?)炭酸泉はいくつもあるけれど・・・
こういう行政指導ってよくあるのかなぁ。誰かコピーに抗議した人でもいたのかなぁ。

《追記》

で、帰宅後に確認してみました。

長湯温泉のシンボル「御前湯」の公式ホームページに長湯温泉の歴史について書かれていました。
   http://www.gozenyu.com/nagayu_rekishi.html

それによると・・・

昭和60年、入浴剤メーカー花王の炭酸泉全国調査により長湯温泉が「日本一の炭酸泉」(炭酸ガス濃度、温度、湧出量の3要素を総合して日本一)であることが証明され

とあります。これだけでは具体的とはいえませんが、一応ちゃんとした(?)根拠はあるのかもね。

まあ巷には「日本一の○○」って宣伝もよくあるし、この程度のことで細かいことゴチャゴチャ言わんでもいいじゃん、ってのが感想。コピーがどうあれ、「源泉かけ流し宣言」したいい温泉であることには変わりないしね。

|

« 無果汁なのに果汁入り? | トップページ | 品質第一? »

ニュース雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22985/15030045

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本一」はダメ>長湯温泉:

« 無果汁なのに果汁入り? | トップページ | 品質第一? »